イブ・マトン、ライセンス停止について自身のFacebookでコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

イブ・マトン、ライセンス停止について自身のFacebookでコメント

©CITROEN

シトロエン・レーシングのディレクターであるイブ・マトンが、自身の競技ライセンスがベルギーの連盟によって停止になったことについて、個人のFacebook上でコメントを出した。

「自分のライセンスはすべて2年間停止になったとニュースで伝えられたが、完全な情報ではない。前回のコンドロスラリーをフィニッシュした後に受けたドーピングテストで、薬物の陽性反応が出た。処方した医師が(競技に参戦するためには)使用特例申請をしなくてはならないということを私に伝えていなかったし、私も競技参戦を告知していなかった。この薬物によってパフォーマンスが向上することはないため、裁定は停止に軽減されたものだ。この決定を私は完全に受け入れる。

ドライバー、コ・ドライバーのみなさん、時間と処方箋には気をつけましょう!」

なお、前回のニュースではマトンがMYラリーチームのオーナーだったとお伝えしたが、シトロエン・レーシングの代表になった時点で、MYラリーチームの株主もマネージャーも辞めていた。この情報が誤っていたことを訂正してお詫びいたします。

(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!