FIAガラでオジエがWRC戴冠 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

FIAガラでオジエがWRC戴冠

 

 FIAの表彰ガラが12月6日、パリで行われ、WRCタイトルを獲得したセバスチャン・オジエ、コ・ドライバーのジュリアン・イングラシア、マニュファクチャラーズタイトルを獲得したフォルクスワーゲン・モータースポーツが、公式にチャンピオンと認定された。

 フランスの名監督、リュック・ベンソンによる撮り下ろしのショートフィルムで幕を開けた今年のFIAガラ。WRCでは、史上初めてデビューシーズンにマニュファクチャラーズタイトルを獲得したフォルクスワーゲンモータースポーツの代表、ヨス・カピートは「このゴージャスな式典でWRCのトロフィーを3つとも手にすることができて、誇りに思う」とコメント。

 また10年ぶりにWRCが迎えた新チャンピオンドライバー、セバスチャン・オジエは「ジュリアン(イングラシア)と僕にとって、夢が叶ったようなもの。今夜、FIAのトロフィーを受け取ることができて、心から誇りに思う。でも、デビューイヤーに素晴らしい仕事をしてくれたチームのおかげでもある」と喜びを語った。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018