WRCポルトガル:プレ会見「レッキで見えたのはワイパーと雨 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:プレ会見「レッキで見えたのはワイパーと雨

 

WRCポルトガル、イベント前記者会見の内容
(抜粋)

●WRCプレイベントカンファレンス出席者
アンドレアス・ミケルセン=AM(フォルクスワーゲン・モータースポーツ2)
マッズ・オストベルグ=MO(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
エルフィン・エバンス=EE(MスポーツWRT)
ダニ・ソルド=DS(ヒュンダイ・モータースポーツN)

Q:
アンドレアス、フォルクスワーゲン・モータースポーツから初めてのWRC参戦を果たしたのが、ちょうど一年前のことだ。チームでの初年はどうだったか、自分のパフォーマンスをどう評価する?
AM:
すべての始まりを迎えたこの地に戻ってきたことをうれしく思うよ。もちろん、どのラリーでも十分走り込むことができて、いい一年だった。去年は学びながら経験を積む年だった。昨年の終わりから今年は、少しプッシュしてもっと速さを見せていく。スウェーデンでは2位に入ったが、メキシコでは今ひとつだった。ここではいい走りを見せたいね。

Q:
メキシコでは苦戦していた。何が悪かったと分析する?
AM:
そうだね、それほど難しい問題じゃない。レッキでのミスがふたつあった。ドライビングのフィーリングはよかったし、ていねいに攻めていた。でも、レッキでは意識が散乱していた。今年は新しいノートを作ろうと決めていたんだけど、雨で難しかった。いいアイディアではなかったかもしれないね。

Q:
このイベントの難しさは?
AM:
本当にクレストが多く、まったくのブラインドだ。クレストの判断を誤りやすい。特に雨が降ったらね。ラリーでの天気がどうなるか、興味深いね。

Q:
マッズ、コンディションが悪いイベントではいい結果を出すことが多いようだが、なぜ?
MO:
分からないね。コンディションが難しいければ、普通は多少のミスをしてしまう。コースオフはしないにしても、ブレーキングポイントを間違えたり、ラインをミスしたり。クリーンなドライビングができなくてはならないが、僕は普段からトラブルを避けることができる。そこが鍵かな。

Q:
ポルトガルでは、自身初のWRC勝利として記録されるが、繰り上げでの優勝だった。このことで、特にこのポルトガルで勝利を挙げたいというモチベーションが高まっているか?
MO:
そうだね、もちろん。でも、僕はどんなラリーでも勝利に対するモチベーションは高いし、近いうちにそうなる位置にいる。チームではまだ新人という気分だし、最初のステージから最後のステージまで勝ちを目指すためには、もう少し落ち着かないと。この週末は、狙わない。メキシコでコースオフしたところから仕切り直しだ。メキシコではあの1コーナーでしでかしてしまったが、ここではクリーンなラリーをしたい。

Q:
ペースノートに自信はあるか?
MO:
いや。昨日はステージが見えなかった。ワイパーと・・・雨だけだ。ノートを作るのも、2回目の走行で修正するのも難しかった。道が水浸しで常に川の中を走っているような状態では、必要な情報は得られない。通常はラインを確認したり、ライン上にある石を確認したりするが、昨日は一切見えなかった。有視界で行くしかないよ。

Q:
エルフィン、メキシコでは総合4位という結果を背負ってポルトガルを迎えた。参戦経験のあるラリーとしては今季初めてとなるが、そのことで少し自信が高まる?
EE:
もちろん、これまでに2回参戦したポルトガルは、コンディションがまったく違っていた。最初は大雨で、去年は完璧だった。だから、両極端のコンディションを見ている。今回、これがいい形で生きるといいんだけどね。

Q:
今季はこれで4戦目となるが、WRCカーでの自分のパフォーマンスをどう評価する?もうフィエスタWRCのことが分かるようになった自信はあるか?
EE:
浮き沈みが激しかった。いいところもあれば、改善が必要なところもある。まだすべてが新しいという感じだ。このマシンは素晴らしいし、マシンに慣れることが鍵だ。成長を続けていけば、満足できるようになる。

Q:
ここでの目標は?今回は知っているイベントだが、アプローチは変えていくのか?
EE:
大きなリスクは負わないが、この週末は攻めることを覚えなくてはならない時やいい手応えを感じている時には、攻めるよ。

Q:
ダニ、i20での初めてのグラベル戦でまたヒュンダイ・モータースポーツからの参戦だ。イベントの前にテストを行っているが、内容には満足?
DS:
テストで手応えを感じた。テストではマシンとシャシーに満足できた。ファフェ(ラリースプリント)でも、マシンのフィーリングはよかった。明日はコンディションがとてもトリッキーになると思うが、それでもいいステージだよ。

Q:
先週はラリースプリントに参加して総合3位に入った。どんな経験だった?
DS:
最高だった。いまやラリースプリントは、みんなにとってのパーティのようなものだね!スペインの北部からも、スペインのあちこちからも、ポルトガルからもたくさんの人がやってきた。みんな4×4やモーターバイクでやってきて、ステージで寝泊まりするんだ。主催も素晴らしかったし、ステージをドライビングした時は、いい衝撃を受けたね。

Q:
このイベントを攻略する秘訣は?
DS:
さあね。去年は、僕は木にヒットしたから! アンドレアスも言ったようにクレストが多いし、路面が完全に湿っているとグリップ変化も大きい。ドライなら、グリップがいい。コンディションが常に変わっていると、速度を上げるのが難しい。ステージが昨日のレッキのようになっていると、フィニッシュできるかも分からない。すごくスリッパリーだ。

Q:
この後、何戦に参戦する予定?
DS:
わからない。今回はプレゼントのようなものだった。予定では舗装4戦に参戦する。今はグラベルにも参戦できるチャンスが得られて、うれしいよ。モチベーションが高まっているし。もしリザルトがよければ、参戦も増えるかもね。

RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018