WRX、WRX STIが米国の安全性評価で受賞 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRX、WRX STIが米国の安全性評価で受賞

 

スバルが北米地区で販売している2015年型WRX、WRX STIが、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2014年の安全性評価において「トップセイフティピック」を受賞した。

WRXシリーズは、いうまでもなくスバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデル。1992年の初代モデル誕生以来、実用性と圧倒的なスポーツ性能を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、世界中のファンから支持を得てきた。

また、レガシィ(2014年型)、アウトバック(2014年型)、インプレッサ(2014年型)、SUBARU XVクロストレック(日本名スバルXV)、フォレスター(2014年型、2015年型)がすでに「トップセイフティピック」を獲得している。

「トップセイフティピック」を受賞するには前・側・後面衝突、そして横転時の安全評価すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせたクルマとして、最高の「Good」を獲得し、2012年に導入されたスモールオーバーラップ試験においても「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要。スモールオーバーラップ試験は、車両の前面コーナー同士の衝突や、車両の前面コーナーと電柱等、前方にある物体との衝突を想定した非常に厳しい衝突試験。この試験では、車両前面の運転席側25%にわたる範囲を高さ5フィート(約1.5メートル)の衝突試験用バリヤに時速40マイル(約64km)で衝突させる。2015年型WRX、WRX STIは、これら5つの安全性評価項目において最高評価「Good」を獲得した。

RALLY CARS
RALLY PLUS