バルバドスで開幕のGRCではアンドレッティのチームが優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

バルバドスで開幕のGRCではアンドレッティのチームが優勝

 

 米国を中心に展開するグローバルラリークロス選手権(GRC)は5月18日にバルバドスで開幕戦のファイナルが行われ、元F1王者マリオ・アンドレッティの息子、マイケル・アンドレッティが立ち上げたフォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロスのスコット・スピードが優勝を飾った。

 今季はヨコハマがコントロールタイヤを供給することでも話題を呼んでいるGRCだが、米国外での開催はカリブ海に浮かぶ島国のバルバドスのみ。その他は米国内で9戦が設定される。

 ヨーロッパのラリークロスシリーズが世界戦に昇格するなど、ラリークロス自体が注目を集める中、Xゲームの成功を受けて米国内で人気を高めてきたのがGRC。ケン・ブロック、タナー・ファウスト、スベール・イザクセン、ブライアン・ディーガン、ネルソン・ピケJr.などのスター選手が揃うほか、APRCの参戦経験もあるニュージーランドのエマ・ギルモアも開幕戦に登場した。

 ファイナルでは、メカニカルトラブルを克服したVWポロのスピードが、自身3度目の優勝を決めた。
「最高の週末になったよ」とスピード。「すぐに速さを出すことができたが、(ファイナルまでの)ヒートレースでは大きなメカニカルトラブルに見舞われて、後方から追い上げる立場になった。メカニックたちは、本当にがんばってくれた」と喜びのコメントを残した。

 2位にはフォード・フィエスタSTのスティーブ・アーピン、3位は同じくフィエスタSTのブライアン・ディーガンが入った。

 一方で、500馬力を超えるハイパワーマシンが6台で混走するラリークロスでは、アクシデントも付き物。今回もファイナルではジョニ・ウィマン(フィエスタST)がケン・ブロック(フィスタST)をパスした際に、ブロックが縁石に引っかけて転倒して赤旗が出る場面も見られた。

 GRCの次戦は、6月7日、米国テキサス州オースチンで開催される。



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018