WRC第9戦ドイツ:オジエが逃げ切り、第2戦以来の今季3勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第9戦ドイツ:オジエが逃げ切り、第2戦以来の今季3勝目

©VOLKSWAGEN

WRC第9戦ドイツはすべてのステージを終えて、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが今季3勝目を獲得した。オジエの勝利は第2戦スウェーデン以来。2位はヒュンダイのダニ・ソルド、3位にはチームメイトのティエリー・ヌービルが入った。

HYUNDAI

HYUNDAI

この日に残されたステージはSS15〜18の4SS。14.79kmと14.84kmのステージをそれぞれ2度走行する構成となっている。オープニングのSS15では2番手を争うミケルセン、ソルド、ヌービルが激突。ソルドがベストタイムをたたき出し、ヌービル、ミケルセンと続いた。これでソルドは総合2番手に浮上、2.5秒差でミケルセン、さらに0.6秒差でヌービルが追いかける展開となった。

HYUNDAI

HYUNDAI

続くSS16はヌービル、ソルド、ミケルセンの順でトップ3フィニッシュ。ベストタイムのヌービルが総合3番手に浮上し、ミケルセンは4番手にドロップすることとなった。2番手ソルドと3番手ヌービルの差は2.7秒、ヌービルと4番手ミケルセンの差は1.4秒。依然として2番手争いは続く。しかしSS17は観客が立ち入り禁止エリアにいたためにキャンセルに。ひとり走り切ったエリック・カミリのタイムが全員に与えられることとなった。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

残るは最終ステージ、SS18。ここをオジエは慎重に3番手タイムで駆け抜け、自身通算35勝目、今季3勝目を獲得した。ヌービルは2位を狙って渾身のアタックでパワーステージを制したが、ソルドはヌービルの2.6秒差でフィニッシュ。この結果、0.1秒差で2位はソルド、3位にヌービルという幕切れとなり、ヒュンダイが2-3フィニッシュを達成している。アンドレアス・ミケルセンは4位でラリーを終えた。

次戦は第10戦として予定されていた中国がキャンセルとなったため、ひと月以上のインターバルを経て第11戦のツール・ド・コルス(9月29日〜10月2日)となる。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC3:00:26.7
2ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+20.3
3ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+20.4
4アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+27.2
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+3:34.8
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:31.2
7エサペッカ・ラッピシュコダ・ファビアR5+8:36.8
8ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+8:52.5
9ヤン・コペッキーシュコダ・ファビアR5+9:44.2
10アルミン・クレマーシュコダ・ファビアR5+10:10.6
ワールドラリーカレンダー2019