シルクウェイラリー レグ8:アル‐ラジが初のベストタイム、ローブがセカンドベスト – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シルクウェイラリー レグ8:アル‐ラジが初のベストタイム、ローブがセカンドベスト

©X-RAID

クロスカントリーラリーイベントのシルクウェイラリーは7月17日、中国での初めてのステージがボルタラ‐ウルムチ間で行われた。リエゾンを含めての走行距離は905.35kmと、イベント最長となったこの日は、257kmの競技ステージを走行。超ラフな区間も待ち構えるステージで、MINI ALL4レーシングのヤジード・アル‐ラジが今大会初のベストタイムをマークした。
「本当にタフなステージだった」とアル‐ラジ。
「とてもバンピーなコースだったが、ずっとプッシュを続けた。ステージのほとんどはバギー向きだったが、終盤の数kmは自分たちに向いていたので、彼らをパスすることができた」

PEUGEOT

PEUGEOT

一方、前日にステージ1‐2をたたき出したプジョー勢はこの日、セバスチャン・ローブ、ステファン・ペテランセル、シリル・デプレが2‐3‐4タイム。デプレとローブは、総合順位での1‐2体制を堅持している。

40度にも達する酷暑での長い一日を終えたローブは「今日の内容に満足している」とコメント。
「ドライブする点で興味深いステージだったし、スタートから30km辺りのところでシリルを抜いた。先頭を走るのは複雑なステージであることは分かっていた。とにかく正しいコースを見つけることと、無理をしないドライブ、そしてより多くの経験を積むことに徹した。アル‐ラジは、自分たちがつけたコースをたどることができたのがアドバンテージになった」

総合順位(レグ8終了時点)
1 C.デプレ(プジョー) 15h24:02
2 S.ローブ(プジョー) +6:58
3 V.バジリエフ(MINI) +14:50
4 Y.アル‐ラジ(MINI) +15:42
5 A.ラキンバイエフ(MINI) +37:31

ワールドラリーカレンダー2019