ERCエストニア予選速報:ルキヤナクがトップ、大輝・貴元は8・9番手タイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCエストニア予選速報:ルキヤナクがトップ、大輝・貴元は8・9番手タイム

©ERC / Wilfried Marcon / DPPI

ERC第6戦ラリーエストニア(グラベル)は7月15日、予選ステージ(2.95km)が行われ、昨年のエストニア覇者、アレクセイ・ルキヤナク(フォード・フィエスタR5)がトップタイムをマークした。新鋭ラルフ・サーマキス(シュコダ・ファビアR5)が0.2秒差の2番手タイム、選手権リーダーのカエタン・カエタノビッチ(フィエスタR5)は0.5秒差の3番手タイムと、優勝候補の3人が僅差で並んだ。

ERC初参戦に臨む日本の新井大輝は3.4秒差の8番手タイム、勝田貴元(いずれもフィエスタR5)は3.5秒差の9番手タイムだった。

イベントはこの後、予選のタイム順にレグ1の走行順を選択。現地時間20時から開幕となるスーパーSS(1.33km)が、エストニア第2の都市、タルトゥの市街地で行われる。

RALLY PLUS