GRCニューリバー:軍事基地開催ラウンドでフォルクスワーゲンのスピードが今季初勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

GRCニューリバー:軍事基地開催ラウンドでフォルクスワーゲンのスピードが今季初勝利

©VOLKSWAGEN

グローバル・ラリークロス(GRC)の第6戦が7月2日、MCASニューリバーの海軍基地で開催され、2015年チャンピオンのスコット・スピード(フォルクスワーゲン・ビートル)が、今季初優勝をマークした。敗者復活戦でファイナル進出を決めたスピードだったが、そのファイナルでは絶妙な滑り出しを見せて、レース勝利につなげた。

チームメイトのタナー・ファウストも8位とトップ10入りで、両者ともに翌日にダブルヘッダー開催される第7戦への進出を決めたが、ファイナル進出は逃した。ところがこの第7戦は、ファイナルを前に天候が悪化し雷雨に見舞われ、キャンセルという事態に。

SUBARU RALLY TEAM USA

SUBARU RALLY TEAM USA

スバル・ラリーチームUSAからは、バッキー・ラセックとスブレエ・イザクセンがスバルWRXでエントリー。ともに敗者復活戦をファイナル進出圏内でフィニッシュしたが、イザクセンはレース中の接触によるペナルティを受けた結果、ノックアウト。ラセックはファイナルを最後尾からスタートしたが、雨が降りだすなか、先行車が巻き上げる泥でフロントガラスが覆われ視界が奪われた瞬間にタイヤバリアに衝突。リタイアを余儀なくされている。

GRC第6戦ファイナル結果(完走4台)
1 S.スピード(フォルクスワーゲン・ビートル) 9:22.229
2 B.ディーガン(フォード・フィエスタST) 9:24.400
3 S.アルピン(フォード・フィエスタST) 9:30.050
4 P.サンデル(フォード・フィエスタST) 9:53.734



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018