WRCポーランド:タナク、敗れる! ミケルセンが今季初勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:タナク、敗れる! ミケルセンが今季初勝利

©VOLKSWAGEN

WRC第7戦ポーランドはすべての競技日程を終了し、フォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンが今シーズン初勝利を飾った。2位には健闘を見せたDMACK WRTのオット・タナクが入り、3位はヒュンダイのヘイデン・パッドンとなった。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日はSS18〜21の4SS。距離は59.6kmと短く、タナクが逃げ切れば本人の初優勝だけでなくDMACKタイヤにとってもWRC初優勝という状況だ。天候は雨が降っており、路面コンディションの難易度は高まっている。

オープニングのSS18はミケルセンがトップ。タナクも2番手タイムを出し、ふたりの差は18.9秒に。続くSS19ではフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラがベストタイム。ミケルセンはまたもタナクのタイムを上まわるが、0.3秒とわずかなもの。サービスを終え、18.6秒差でふたりは再走ステージへと向かっていく。

M-SPORT

M-SPORT

そして迎えたSS20、タナクは右前輪をパンクしてしまい、SSベストのラトバラから40.5秒差のSS11番手タイムに。これでミケルセンに逆転され、16.5秒差の2番手にドロップするまさかの展開となってしまった。さらに背後には10.1秒差でパッドンが迫る。

続く最終SSはミケルセンが5番手タイムを獲得し、ドラマチックなかたちで今シーズン初優勝、自身2度目のWRC優勝を飾った。コ・ドライバーのアンデルス・ヤーゲルにとってはWRC初優勝だ。タナクはこのSSを9番手タイムで走り切り、パッドンに2.3秒差と迫られながらも2位でラリーを終えた。

HYUNDAI

HYUNDAI

3位はパッドンが入り、そのパッドンを0.8秒差まで追い詰めたティエリー・ヌービルが4位となった。5位はフォルクスワーゲンのラトバラ、6位はパワーステージで安定のベストタイムを刻んだセバスチャン・オジエとなっている。

次戦は7月28日〜31日に開催される第8戦ラリーフィンランド。シーズンはこれまで7戦で6名のウイナーが誕生しており、カレンダー屈指の高速グラベルラリーで再び新たなる勝者が誕生することになるのだろうか。また、日本の若手、新井大輝と勝田貴元のふたりが参戦する予定となっており、こちらも目が離せない。

順位ドライバーマシンタイム/差
1アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC2:37:34.4
2オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+26.2
3ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+28.5
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+29.3
5ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+33.8
6セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+40.3
7クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+2:01.4
8マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+3:04.6
9ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+5:12.0
10エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+5:23.1
ワールドラリーカレンダー2019