Mスポーツ、WRCポーランドはポディウム狙う – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ、WRCポーランドはポディウム狙う

©M-Sport/McKlein

今週開催のWRCポーランド戦、Mスポーツ陣営はポディウムフィニッシュをターゲットに掲げる。

選手権屈指の高速グラベルラリーに向けて、マッズ・オストベルグ、エリック・カミリの2人は先週、大規模なプレイベントテストを敢行した。ラリーで想定されるステージでスピードアップを目指す一方で、ソフトな路面での2ループ目に向けてのセットアップ作業にも取り組んだという。

サルディニアではリタイアを喫したが、シーズン序盤からペースアップに苦戦していた問題点は解決し、トップタイムにも迫る勢いを取り戻している。また、コ・ドライバーのオーラ・フローネは、ポーランドではここ2年ポディウムに上がっており、クルーの自信も高まっているようだ。

「低速のラリーが続いたので、ポーランドのステージがどれだけ速かったか、忘れそうになるよ」とオストベルグ。
「でも、プレイベントテストですぐに思い出した。ドライビングが楽しい、最高のステージだ。テストは順調に進んだ。ポーランドでは過去、あまりいい結果は出していないが、速さはあるし、今年は準備も万端。ポディウムはいつも視野に入れているが、今週はトップの位置に挑んでいきたい」

一方、サルディニアでは自身初のWRCでのステージウインをマークしたカミリは、ポーランド初参戦。ここ3戦で目覚ましい成長を遂げているが、今週は未知への挑戦となりそうだ。

「今回が初めてのラリーポーランド参戦となる。簡単にはいかないイベントだし学ばなくてはならないことも多いが、新たな挑戦を楽しみにしている」とカミリ。
「テストで想定される状況で走ったが、とても速い! 自分のドライビングスタイルにも合っていると思うが、今年は賢明なレース運びで今後のためにできるだけ多くの経験を積んでいくことを目指す。自分のラリーに専念するが、もし手応えがあって確実にプッシュできると確信が持てれば、できることを考えていく」

ワールドラリーカレンダー2021発売中!!