WRCイタリア:デイ3コメント「問題は解決していたのに残念」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:デイ3コメント「問題は解決していたのに残念」

©M-Sport/McKlein

ラリーイタリア、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント。石にヒットして破損したドライブシャフトがエンジンダメージにつながり、リタイアを喫したオストベルグ。ここ数戦での不調から一転、ポディウム争いにも絡んでいただけにその悔しさを吐露した。*()内は総合順位の前日比

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合首位(=)
「今日も素晴らしい一日だった。午後は最高の気分でマシンをドライブできたし、リードを16.1秒に広げられてよかった。午前は昨日ほどスムースではなかったので、必死だった。特にナローなセクションではリズムがつかめなかった。ミスをしないように慎重になったが、午後はプッシュできるようになった。ヤリ‐マティとスリリングなバトルができてうれしい。明日もタフな戦いになるが、がんばっていくよ」

Hyundai Motorsport

Hyundai Motorsport

ケビン・アッブリング/総合16位(↑)
「WRCで初めてステージウィンを獲得できて、今日はこれ以上ないほどの滑り出しになった。トラブルが起きて、ラッキーな流れは続かなかった。午前最後のステージではパンクしたが、午後も同じような流れになった。モンティ・ディ・アラのリピートステージではセカンドベストをマークしたが、次のステージは石にヒットしギアボックスにダメージを負った。マシンからオイルが漏れていたので、チームからサービスに戻れるようにペースを落とせとアドバイスをもらった。今日は勉強になったことがたくさんあったが、最終日に向けてステージウインはとてもポジティブな思い出になったよ」

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位(=)
「今日は浮き沈みが激しかった。午前はティエリーとの差を3秒詰めたが、午後はまた12秒ロスした。特にSS13ではタイムロスが大きかった。でも全体としてはハッピー。このコンディションでは慎重にドライブしなければ、一つのミスですべてが終わってしまう。ティエリーは僕らよりもリスクを負っていたし、素晴らしい走りだった。まだステージは残っているので、もちろん最後まであきらめない」

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

セバスチャン・オジエ/総合3位(=)
「3位フィニッシュに向けて順調だ。ラリー前には、サルディニアではポディウムフィニッシュができれば上々だと言った。もちろん、最終日はアンドレアス、マッズとのバトルを楽しんでもらいたい。一方で、プラン通りに行けば、選手権でのリードを広げられる。ステージは今日も厳しかったので、大きな問題なく走り切ることができてうれしい。午後は、リアの動きがとても固い感じがしたので、原因を考えなくてはならない。でも全体としてはいい一日だった」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合4位(↑)
「今日も全体的にはトラブルなしの一日になった。自分のラリーに専念し、1本1本のステージでクリーンな走りをしてマシンの力を最大限に引き出せるように努めた。グリップに苦戦するステージもあったが、午後はよくなった。SS14では少し雨が降ってトリッキーになり、最後のSSはスロットルにトラブルがあったので、少しペースを落とした。マッズをかわして4位に上がれたので、安全に今日のステージを走り切る余裕ができた。明日の残り4SSでは4位キープを目指す」

M-Sport/McKlein

M-Sport/McKlein

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

エリック・カミリ/総合7位(↑)
「素晴らしい一日になった。昨日のことを忘れて気持ちを切り替えようと努めた。最初のステージを走り切った瞬間は、言葉にならなかった。あのようなタイム(セカンドベスト)を出すのは大きな目標だったし、こんなに早く実現するとは思っていなかった。午後のSS15でもサードベストをマークしたので、強豪たちにも常に挑める速さがあることを見せられた。まだ成長しなくてはならない部分があることは分かっているが、とてもハッピー。自分を信じてくれたチームに感謝したい」

マッズ・オストベルグ/SS15でラリーリタイア
「オーバークレスト明けの石にヒットし、右フロントのドライブシャフトが破損した。リア駆動で走り続けたが、フィニッシュ直前で壊れたシャフトが原因でエンジンにダメージが及び、そこで止まるしかなくなった。ポディウム争いに絡んでいたので、本当に残念だ。ここ数戦で苦戦していた問題が解決し、マシンの動きも完璧だった。トップタイムも狙える走りができていたし、最後のステージまでセブと戦いたかった」

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/SS14でデイリタイア
「とにかくアンラッキーだった。SS14のフィニッシュ直前、右コーナーを全開で攻めていた。ラインの中央に巨大な石があって、それを避ける事ができなかった。僕らはトップスピードで戦っているので、右フロントのサスペンションが破損してしまった。こんな形で一日を終えるのは、もちろん残念だし、予想もしていなかった。明日はパワーステージでポイント獲得を狙えるから、今回のラリーで何かを獲得して帰りたい」



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!