WRCイタリア:ヒュンダイのヌービルが快走、リードを広げる – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:ヒュンダイのヌービルが快走、リードを広げる

©HYUNDAI

WRC第6戦サルディニアは競技初日を終えて、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合トップに立っている。2番手にはフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラ、3番手には同じくフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエがつけている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

ラリーは木曜日の夕方、ショートコースのスーパーSSでスタート。このSSはオジエがベストタイムで制し、2番手にフォード・フィエスタのオット・タナクが続いた。金曜日からは本格的なステージでのタイムアタックが始まる。この日はSS2〜9の8SS。7.50km〜15kmと短めのステージが続く。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

SS2はラトバラがベストタイムで総合首位に浮上。先頭走者のオジエは砂利掻き役を担うため苦戦が予想されたが、SS3でベストタイムをたたき出して首位を取り返す。このままオジエが好調を維持するかに思われたが、そこに立ちはだかったのが8番手からスタートしたヒュンダイのティエリー・ヌービルだった。

ヌービルはSS4、SS5、SS7〜9と、計5SSでベストタイムをたたき出し総合首位に立っている。総合2番手のラトバラに11秒1差、総合3番手のオジエに40秒3差をつけている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC1:14:03.2
2ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+11.1
3セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+40.3
4アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+57.5
5マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+58.5
6ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+1:18.6
RALLY CARS