WRCポルトガル:クリス・ミークが逃げ切り勝利! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:クリス・ミークが逃げ切り勝利!

©CITROEN

WRC第5戦ポルトガルはすべての競技日程を終え、シトロエンのクリス・ミークが勝利を飾った。ミークは昨年の第4戦アルゼンチン以来となるWRC通算2勝目となる。総合2位はフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン、3位にはセバスチャン・オジエが入っている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

ラリー最終日に設定されたのはSS16〜19の4SS。ふたつのステージを2度ずつ走行し、SS総走行距離は67.32kmと短い。上位陣の走行条件はほぼ同じとなり、走行順のアドバンテージはなくなるため、ミークにとっては気の抜けない1日となることが予想された。また、2番手のオジエと3番手のミケルセンは3.1秒差と詰まっており、2位争いにも注目が集まった。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

最初に勝負をかけたのはミケルセン。SS16でのベストタイムで早々にオジエをかわし、総合2番手に浮上してみせた。ミケルセンは続くSS17でもベストタイムで、オジエとの差を8.1秒にまで拡大することに成功。SS18はオジエが制するが、ミケルセンも1.3秒差で食らいつき総合2番手の座を堅持した。そしてラリーは最終パワーステージへ。フォルクスワーゲン2台の争いを尻目に、トップの座を守ってきたミークが堅実なドライビングで逃げ切り、自身2度目となるWRC優勝を獲得した。このパワーステージでオジエはフルアタックを敢行しベストタイム。2位浮上はならなかったが、ボーナスポイント3点を持ち帰った。

HYUNDAI

HYUNDAI

以下4位はヒュンダイのダニ・ソルド、5位はMスポーツのエリック・カミリ、6位にフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラという順位になっている。

次戦は6月9〜12日に開催される第6戦サルディニア。地中海に浮かぶサルディニア島を舞台としたタフなグラベルラリーは、2013年以来セバスチャン・オジエが3連勝と強さを見せている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1クリス・ミークシトロエンDS3 WRC3:59:01.0
2アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+29.7
3セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+34.5
4ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+1:37.1
5エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+4:01.6
6ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+4:06.9
7マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+6:53.6
8マルティン・プロコップフォード・フィエスタRS WRC+10:24.1
9ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+11:45.2
10ニコラス・フックスシュコダ・ファビアR5+13:14.0


RALLY PLUS