世界RXポルトガル:初日を終えてローブ5位、ペターは7位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界RXポルトガル:初日を終えてローブ5位、ペターは7位

©FIAWorldRallycross.com

2016年世界ラリークロス選手権は4月16日、ポルトガルのモンタレグレで開幕。この日は、4回の予選のうちQ1とQ2の走行が行われた。

FIAWorldRallycross.com

FIAWorldRallycross.com

雨に見舞われ、グラベルセクションはマッド状態という難しいコンディションのなか、この日を終えてトップにつけたのは、スウェーデンのマティアス・エクストローム(アウディS1)。Q1でセカンドベスト、Q2ではトップタイムをたたき出した。Q1でベストタイムをマークしたヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロ)が2位、エクストロームのチームメイト、トッピ・ヘイッキネンが3位に食い込んでいる。

「ラリークロスでミソとなるのは、いいスタートを決めることだと思う」とエクストローム。
「この2年間、ずっとそれを目指してきたが、スタートが安定しなかった。冬の間、それを改善することに務めてきた。もちろん難しい天候ではあったが、2回ともいいスタートを決めることができ、それがいいパフォーマンスにつながった。このコンディションでは、マシンやドライバーの真のパフォーマンスは発揮しにくい」

FIAWorldRallycross.com

FIAWorldRallycross.com

フーニガン・レーシング・ディビジョンに移籍したアンドレアス・バックラッド(フォード・フォーカスRS)は4位につけているが、チームメイトのケン・ブロックはQ1でマシントラブル、Q2ではブロックの組の走行だけ大雨に見舞われタイムダウンとなるなど波乱の走行となり、17位と厳しい滑り出しになった。

FIAWorldRallycross.com

FIAWorldRallycross.com

今季フル参戦で注目を集めるセバスチャン・ローブ(プジョー208)は、堅実に走り込んで5位。2連覇王者のペター・ソルベルグ(シトロエンDS3)はQ1でワイドにスライドしてタイムロス。Q2では、レースで勝利を収めて追い上げ、7位につけている。

RALLY PLUS