ボカールのデザインによるペターの2016RXマシンが公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ボカールのデザインによるペターの2016RXマシンが公開

©PSRX

世界ラリークロス選手権はポルトガルでの開幕戦を前にシェイクダウンを実施。2連覇王者のペター・ソルベルグも2016年仕様のシトロエンDS3 WRXを公開した。

PSRX

PSRX

今季のペター用マシンを設計したのは、ジャン‐クロード・ボカール。シトロエン・クサラWRC、フォルクスワーゲン・レース・トゥアレグなどの名マシンをデザインしてきたモータースポーツ界のレジェンドだ。

PSRX

PSRX

「ジャン‐クロードのような優れたスタッフがマシンに関わってくれるのは、本当に素晴らしい」とソルベルグ。

「彼はプレシーズンテストにも帯同し、僕らが思いもつかないような解決策を見いだしてくれた。彼こそ真のレジェンド、そして今季の僕らの秘密兵器だ」

PSRX

PSRX

ソルベルグは、シーズン終盤に世界RX戦が行われるドイツのエステリンクでこのマシンをテストした後、ポルトガルのロウサダで行われたシェイクダウンに参加した。また、OMPレーシングのカスタムメイドによる新しいレーシングスーツ姿も公開した。

世界ラリークロス選手権はポルトガルのモンタレグレで開幕。4月16日に予選、17日にファイナルが行われる。



RALLY CARS