スバル、新型WRX STIを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新型WRX STIを発表

 

 富士重工業は8月25日、新型「WRX STI」を発表、発売を開始する。

「WRX STI」は、WRXシリーズ共通の商品コンセプト「Pure Power in Your Control」を高次元で具現化した、同シリーズのトップグレードモデル。227kW(308PS)/6400rpm、422N・m(43.0kgf・m)/4400rpmというハイパワーを意のままに操ることのできる、スバル最高峰のAWDスポーツパフォーマンスを実現するために、ボディ、シャシー等車両各部の性能を極限まで高めて融合させた。

 様々なモータースポーツにおいてその性能を磨き続けてきた2.0ℓ水平対向ハイパワーターボエンジンを搭載。トランスミッションは、水平対向エンジンのハイパワーを受け止める、強化6速マニュアルトランスミッションを採用し、ショートストロークシフトと共に操る愉しさを実現し、従来型6MTに対し、節度感、吸い込み感を向上し、よりスポーティなシフトフィーリングとした。WRX STI専用装備として、マルチモードDCCDシステムを従来型から継続採用。路面状況やドライバーの好みに応じて、センターデフの制御特性を自由に選択出来る。

 シャシー性能については、剛性を更に向上させた専用サスペンションを開発する等、ステアリングレスポンス、リヤグリップ、フラットライドの3点の性能向上を徹底的に追求。その過酷な路面条件で知られるニュルブルクリンク・サーキットなど、世界各国の様々な走行条件下で走行性能を鍛え上げ、ドライバーの操作への俊敏なレスポンスと、より正確で安定したコーナリングを実現するとともに、操縦安定性と乗り心地の双方を向上させた。

 シンメトリカルAWDを基本とし、ボディの軽量化、剛性向上、VDCを含めたシャシー性能の強化により、クラストップの優れた危険回避性能を実現。また歴代のWRX STIが提供してきた4ドアセダンとしての実用性をさらに向上させ、ハイパフォーマンスとの両立により、WRX STIならではの個性を一層高めた。
 
 エクステリア面では、サイドデザインは、Aピラー下端を従来型比で200mm前に出し、Cピラーをスムーズにトランク面へ繋げることで、流麗なシルエットを実現。リヤデザインは、ディフューザー一体型バンパーやツインデュアルタイプのテールパイプにより、WRX STIの重心の低さや高い走行性能を強調、パフォーマンスモデルとしての魅力を更に高めた。専用開発したリヤコンビランプを薄型の造形とし、車両のワイド感をアピールするほか、大型リヤスポイラーを採用して空力性能の向上を果たすとともに、WRXシリーズのトップグレードモデルとしての存在感を表現した。

 ボディカラーはWRブルー・パール、クリスタルホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークグレー・メタリック、ライトニングレッドでメーカー希望小売価格(税込み)は、STIグレードが3,790,800円、ビルシュタイン製ダンパーなどの付加装備を加えたSTI Type Sが4,114,800円。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS