スバル、レヴォーグを改良。夏にはSTIモデルも登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、レヴォーグを改良。夏にはSTIモデルも登場

©SUBARU

富士重工業は、スバル・レヴォーグに改良を施し6月10日より発売することを発表した。

今回の改良では、安全性の強化、デザイン性や静粛性の向上を図り、レヴォーグの商品力、総合性能を磨き上げた。
安全性では、前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用。リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良し、後席の乗員保護性能を向上した。フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化している。

デザイン面では、1.6GT EyeSightに新デザインの17インチアルミホイールを採用。空力性能の向上と軽量化も実現した。GT-Sグレードには、スポーティかつ上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定している。
さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化し、室内への透過音を低減。リヤクォーターガラスの板厚アップ、カーゴルームの吸音材追加等で静粛性を高めた。

なお、STIによってスポーティな走りと質感を高めた最上級グレードが、2016年夏に発売予定となっている。

RALLY CARS