初代WRCチャンピオン、ワルデガルド逝く – RALLYPLUS.NET ラリープラス

初代WRCチャンピオン、ワルデガルド逝く

 

初代WRCチャンピオン、スウェーデンのビヨルン・ワルデガルドが逝去した。享年70。夏にはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにも参加し、トヨタ・セリカ・ツインカムターボをドライブして会場を沸かせていたが、ガンとの闘病により急速に体力が衰え、来月のラリーデイ参加をキャ ンセルしていた。

 ワルデガルドは1979年、WRC初年にタイトルを獲得した。ヨーロッパラウンドではワークスのフォード・エスコート、サファリとアイボリーコーストではメルセデス450SLCで参戦。アクロポリスとケベックラリーを制した一方で、ハンヌ・ミッコラと激しいタイトル争いを展開した末、わずか1ポイント差でチャンピオンの座を獲得した。

 以降の活躍で最も知られているのは、自身も参戦を愛していたアフリカでの強さだろう。WRCのアフリカ戦に25回参戦し、サファリで4回、アイボリーコーストで3回の勝利を刻んだ。

 1992年にはWRCでの参戦からは退いたが、参戦をこよなく愛したワルデガルドは、その後も様々なラリーに名を連ねた。68歳の時に参戦した2011年のイースト・アフリカン・サファリ・クラシックでは、ポルシェ911で優勝している。近年は全日本ラリー最終戦の新城戦で、豪快なデモランを披露していた。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS