【追加情報】プロコップ、メキシコからWRC参戦を再開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【追加情報】プロコップ、メキシコからWRC参戦を再開

©Naoki Kobayashi

WRC常連のドライバーであるマルティン・プロコップは、3月3日からの第3戦ラリーメキシコでWRCの今季緒戦を迎える。プロコップは1月に、自身初となるダカールラリー参戦にトヨタ・ハイラックスで挑み、14位でフィニッシュした。WRCでは今年もフォード・フィエスタRS WRCを駆る。

そのほかメキシコでは、地元強豪のベニート・ゲラもエントリー。2014年には6位に食い込んでいるゲラも、フィエスタRS WRCを駆る。そのほか、ウクライナのバレリー・ゴルバンのMINIジョン・クーパー・ワークスなど、エントリーリストには合計13台のWRカーが並んでいる。

ヒュンダイ勢は、ティエリー・ヌービルとダニ・ソルドのふたりがヒュンダイ・モータースポーツから、ヘイデン・パッドンがヒュンダイ・モータースポーツNからのエントリーとなっている。

WRC2では、ディフェンディングチャンピオンのナッサー・アル‐アティヤが今季初参戦の予定だったが、8月にブラジルのリオデジャネイロで開催されるオリンピックの準備に入るため参戦を取りやめている。アル‐アティヤは2012年のロンドンオリンピックでスキート射撃の銅メダルを獲得している。

そのほかのWRC2勢を見わたすと、カタールのアブドゥラジズ・アル‐クワリとペルーのニコラス・フックスが、いずれもフィエスタからシュコダ・ファビアR5にスイッチ。フィンランドのテーム・スニネンもファビアR5、メキシコのリカルド・トリビーノはシトロエンDS3 R3Tでエントリーしている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!