マツダ、東京オートサロンにラリー仕様のデミオ15MBを出展 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マツダ、東京オートサロンにラリー仕様のデミオ15MBを出展

©RALLY PLUS

マツダは、1月15日に開幕した東京オートサロン2016で、ラリー仕様の15MB、マツダ・デミオ15 MB Racing Spec.を出展した。

RALLY PLUS

RALLY PLUS

今回のオートサロンに、マツダは出展テーマとして「Be a driver.~人とクルマの関係は、『走る歓び』でもっともっと深くなる~」を掲げ、展示ブースのハイライトとして3点を展開。2015年東京モーターショーで世界初公開したロータリーエンジンSKYACTIV-Rを搭載するコンセプトカー「MAZDA RX-VISION」を再び登場させた。

また、PlayStation3専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』用にデザインしたバーチャルスポーツカーのフルスケールモデル、マツダLM55ビジョン グランツーリスモを展示。

RALLY PLUS

RALLY PLUS

さらに、モータースポーツ関連の展示として、人気のパーティレース仕様に仕上げたレーシングスペックのロードスターNR-Aと共に、15MBのラリー仕様が参考出品された。

15MBは、国内ラリー界でも注目が高まっている話題の一台であるだけに、メーカーからのこのようなアピールは競技者にとっても大いに刺激となりそうだ。



ラリプラメンバーズ2019