FIA、中国を加えた全14戦の2016年WRC暫定カレンダーを承認 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

FIA、中国を加えた全14戦の2016年WRC暫定カレンダーを承認

©REDBULL MEDIA HOUSE

FIAは9月30日にワールドモータースポーツカウンシル(WMSC)を開催し、WRCの2016年暫定カレンダーとして、中国を加えた全14戦の構成を承認した。中国では1999年に一度、WRC戦が開催されている。

今回WMSCが暫定カレンダーを構成する開催国として承認したのは、アルファベット順にアルゼンチン、オーストラリア、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、英国、イタリア、メキシコ、モンテカルロ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン。

このうち中国は、8月に開催された候補イベント開催時にFIAから指摘された要素を満たすことが条件となる。またフランス、モンテカルロも、契約条件の確定待ちとなっている。各戦の開催日程については、数週間のうちに確定されると見られている。

その他今回のWMSCでは、下記の来季からの規定改定も決定された。

・安全性及び公平性を考慮し、プライオリティ1のうちラリー2で再スタートするコンペティターは、プライオリティ1グループの最後方からスタートする。このため、選手権リーダーは序盤2日間はどんな場合においても、先頭スタートとなる。

・各戦において選手権ポイントをフルで与えるには、アイティナリーの最低51%は完了されていなければならない。それ以下の場合、獲得ポイントは半分となる。

・WRC2部門での最高峰をR5と位置づけるために、1.6ターボ版S2000マシンのターボリストリクター径を縮小する。

・プロダクションカップは行わない。

・R2マシンのエンジンコストを削減、R1やR3マシンとの差別化を行うために、ターボエンジンの規定を導入してR2マシンのパフォーマンスを抑制する。

2016 WRCカレンダー

Rd 開催地 日付
1 mc モンテカルロ 1/22-24
2 se スウェーデン 2/12-14
3 mx メキシコ 3/4-6
4 ar アルゼンチン 4/22-24
5 pt ポルトガル 5/20-22
6 ie イタリア 6/10-12
7 pl ポーランド 7/1-3
8 fi フィンランド 7/29-31
9 de ドイツ 8/19-21
10 cn 中国 9/10-13
11 fr フランス 9/30-10/2
12 es スペイン 10/14-16
13 gb GB 10/28-30
14 au オーストラリア 11/18-20


ワールドラリーカレンダー2019