川名選手のERCズリン奮闘日記Part 2「いよいよ開幕、市街地ステージは超クレイジー!」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

川名選手のERCズリン奮闘日記Part 2「いよいよ開幕、市街地ステージは超クレイジー!」

©Suguru Kawana

全日本ラリー・モントレー戦はウエットコンディションの中、どのクラスも激戦が展開されているようです。
そしてヨーロッパはチェコ共和国で開催中のERCズリン戦では、日本のラリー戦士、川名賢選手が、自分の中で「もう激戦状態!!!」と言わんばかりの、大興奮の体験をしている模様。チェコの古都ズリンの市街地での開幕は、とにかく「クレイジー!!!」とエキサイティングなレポートを送ってくれました。

—–

Suguru Kawana

Suguru Kawana

金曜日のナイトステージ、スーパーSS「ズリンシティ」、このステージからバルム・チェコ・ラリー・ズリンが遂に開幕しました!

シェイクダウン直前にエンジンがストールするマシントラブルも解消し、まずまずのタイムでこのSS1を走り切りました!

何とこのステージ、街の中心を完全封鎖! オフィス街を走るは、でっかいバスターミナルを走るは、線路の踏み切りまで越えるはの、やりたい放題なコースなんです。
さらにさらに、ラリーなのに街中を周回させるため、コース内をラリーカー入り乱れて爆走するクレイジーさ! 観客の数も半端なく多いし、走っているとフラッシュをたかれまくりで、もう最高の気分でした!!

Suguru Kawana

Suguru Kawana

でも何よりうれしかったのは、(コ・ドライバーの)市野選手に「なかなかよかったよ!」と誉められたことかな(笑)

明日からいよいよ長い週末が始まります。気を引き締めていきたいと思います!
—–

Suguru Kawana

Suguru Kawana

ERCズリンは、現在レグ1のステージ、9SSまで終了し、川名選手は総合55位でこの日を終えています。ちなみにこのイベント、併催のチェコ選手権を含めてエントリーは129台! オフィシャルの皆さんのご苦労も「クレイジー」級なのではと想像します。刺激的な週末を送っている川名選手、レグ2もがんばれ!

ワールドラリーカレンダー2019