もうひとつのラリー北海道「とかち元気博覧会」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

もうひとつのラリー北海道「とかち元気博覧会」

 

もうひとつのラリー北海道「とかち元気博覧会」

ラリー中の北愛国交流広場には、さまざまな展示やイベント、そして地元帯広の名物などを売る売店が目白押し。その中でも面白そうなものをいくつかご紹介しますね。



いまや自動車業界でも「エコ」意識は切り離せないキーワード。「エコプロジェクト」のブースでは、子どもたち向けのエコキャンドルづくりを実施。ラリー観戦と一緒にこういう体験ができるなら、ラリーなんて…と思っているお母さんもひと安心?

こ、これは昨年日本のラリーファンを興奮の渦に巻き込んだあのスズキSX4 WRC!? ……のレプリカです。SX4のプルバックカーやノレブ製のスイフトラリーカーなんかも販売してたようです。今となってはかなりのレアもの、でも買いに行ってもタイミングが悪いのか、売っている場所がわからず手に入りませんでした。トホホ……

今回の元気博覧会では、パトカーや消防車、大型重機などの展示もありました。はじめは「?」と思いましたが、子どもたちには大人気なんですよね、この手の「はたらくくるま」って。

その中で、地上数十メートルまで伸びるクレーン車が観客駐車場の中心に陣取り、観客や子どもたちがラリー北海道への思いを書いたラリー北海道関連ののぼりが掲げられていました。にくい演出ですねー。って写真じゃ見えないかな?

ほかにも、JAFがシートベルトの効果を安全に体験できるアトラクション、ドリフトラジコンで遊べるコーナーなどを用意。

個人的に面白かったのが、帯広スーパーSSで走らない時間帯に行なわれたラジコンヘリとラジコンプレーンのデモ飛行。おそらく農薬散布などに使われる大型のラジコンヘリなんでしょう、とにかくすごいんですよね、あの飛び方のリアルさ。というか、本物のヘリ以上に自由に飛んでました。

そしてプロペラ機のほうは、プロペラを上にして空中に停止したり、きりもみ飛行をしたりともう自由自在。クルマでいうとまさにどんな状況でもコントロールできるラリードライバーみたいな腕前って言っていいのかな?

ただ、どちらもあまりに速い&遠すぎてまったく写真が撮れませんでした……

金曜日のセレモニアルスタートのときは雨が降って演技ができなかった、地元帯広のチアリーディングチーム「レッドダイアモンズ」も、快晴に恵まれた日曜日に演技を見せてくれました。みんな声もハキハキしていて動きも揃って、観客みんなに元気を分けてくれました。レッドダイアモンズの皆さん、カッコよかったですよー!



ワールドラリーカレンダー2019