【アンケート結果発表】次代を担う若手の星はどちらさま? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【アンケート結果発表】次代を担う若手の星はどちらさま?

 

【アンケート結果発表】次代を担う若手の星はどちらさま?

こんにちは、WRC PLUSのヨンカイです。

ずっとアップをサボっておりましてすみません。
「もう忘れたよ〜」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、
3月末に行なわれていた
「次代を担う若手の星はどちらさま?」の結果発表です!
まずは下から見ていきましょう



8位
パトリック・サンデル 2.5%

パトリック・フローディン 2.5%

Wパトリックが8位に入ってきました。
昨年速さを見せたサンデルは、SWRCへのベテラン参入で最近影が薄いですね。
フローディンは今シーズンのPWRCでどこまで戦えるのか注目です。

7位
アルミンド・アラウジョ 3.7%

2009年のPWRCチャンピオン、エボX遣い筆頭としてポルトガルのアラウジョが7位です。
若手と言ってももう三十路ですが……。

6位
クリス・ミーク 4.9%

2009年のIRCチャンピオン、ミークが6位。
かつてはコリン・マクレーの秘蔵っ子と言われてましたね。
C2S1600でJWRCに参戦していた関係からか、DS3のテストをするなどシトロエンとも関係が。

5位
ユホ・ハンニネン 6.2%
マルティン・プロコップ 6.2%
その他のドライバー 6.2%

シュコダワークスで参戦するユホ・ハンニネンと、
意外(シツレイ)にも上位に食い込んだマルティン・プロコップ。
プロコップは2009年JWRCのチャンピオンでもあり、今年はフィエスタでSWRCに参戦中です。

4位
クリス・アトキンソン 7.4%

4位はプロトンでのAPRC参戦が決まったクリス・アトキンソン。
ここ1年ほとんど音信がなかった彼ですが、往年のスバルで見せた走りを期待したいものです。
クリスに投票した人はもちろんラリー北海道に行きますよね?

3位
エフゲニー・ノビコフ 7.4%

現在はロシア選手権に参戦中のノビコフ。
2008年のラリージャパンで見せた光る走りは多くの人の心に焼き付いています。たぶん。
某ラリーXモバイルで現在「大暴走インタビュー」が掲載中。

2位
ヤリ‐マティ・ラトバラ 12.3%

現在、不調のエースを差しおいてランキング2位のラトバラ。
永遠の課題である「安定感」を身につけた時、2強に対抗できる速さを見せられるか?

1位
セバスチャン・オジエ 40.7%

前回のヨルダンラリーでは涙をのんだセバスチャン・オジエがダントツのナンバー1!
ラトバラやソルドにも引けを取らないスピードを見せ、ワークス入りもウワサされる彼。
このアンケートはヨルダン前に取られたものだったので
皆さん先見の明があるということでしょうか。次戦トルコでの走りにも期待です!



ワールドラリーカレンダー2020