スバル謹製エコBOXとフォレスター – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル謹製エコBOXとフォレスター

 

スバル謹製エコBOXとフォレスター

福島の全日本ラリーのサービスパークの横に、スバルの名前が入った何やら不思議なボックスが置いてあります。その名も「エコBOX」。でかでかとSUBARUの文字もあり、なんじゃらほい(古い)と思って関係者に尋ねたところ、実はスバルとしてエコの活動に貢献するために、ゴミ収集のためのボックスを全日本ラリーで設置しているそうなんです。

ラリーというと、やれガソリンの無駄遣いだ、やれCO2の排出だとどうしても世間の目は厳しいですが、もうひとつの問題はゴミ。各ラリーで選手や関係者、ギャラリーが出すゴミも膨大なものになりますが、たいていはその地域の自治体の協力で処理していただいたりしています。ただ、つい帰りの途中にあるお店で捨ててしまったりといったことも……。

そこで、エコ意識をしっかり持ち、ゴミの処理について考えるためにスバルとしてこのエコBOXを設置したというわけです。簡単に言えばゴミ箱ですが、これがあるとないとでは意識の差はだいぶ違いますよね。

そして今回のラリーでは、追い上げ=SWEEPER用として写真のフォレスターも貸し出されました。もちろん皆さんはご存じですよね? 昨年のラリージャパンでも走った、グループN仕様のフォレスターです。

新井選手のPWRC参戦がなくなってなんだか寂しい……と思っているスバルファンも多いと思いますが、実は全日本でもこのように色々なかたちで協力しているんですよ。

というオハナシでした。

ちなみに、先日のアルゼンチンでのPWRCはニュージーランドのヘイデン・パッドンが優勝し、1-2-3がスバルユーザーとなりました。PWRCって長らく三菱勢が上位を占める状況が続いていたんですが、今季はパッドンの乗り換え、パトリック・フローディンやアンデルス・グロンダルといった実力派も含め、海外のスバル勢の勢力がだいぶ強くなっています。スバルファンならこの辺にも要注目ですよ!





RALLY CARS