IRC第7戦マデイラ:バッソ、3.5秒の僅差で勝利をつかむ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRC第7戦マデイラ:バッソ、3.5秒の僅差で勝利をつかむ

 

 インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ第7戦ラリー・マデイラが開催され、アバルト・グランデ・プントS2000を駆るジャンドメニコ・バッソが同イベント3度目の優勝を飾った。

 バッソは金曜、12のステージ中8ステージを制し、そのままラリーをコントロールしていくと見られたものの、ギヤボックストラブルに見舞われ、ペースを落とさざるをえなくなる。バッソはギヤボックスを交換したが、地元ヒーローのブルーノ・マガラエス(プジョー)からのプレッシャーが高まっていく。ラリー終盤、バッソとマガラエスは最速ステージタイムを出し合い、バッソはスピンを喫してタイムをロスしたものの、最終的には3.5秒の差で勝利を勝ち取った。3位にはアレックス・カマチョ(プジョー)が入った。
 ランキングは、このイベントで5位に入ったクリス・ミーク(プジョー)が首位を守り、2位はヤン・コペッキー(シュコダ)、3位にはフレディ・ロイクス(プジョー)とバッソが同点で並んでいる。

IRC Madeira:Overall times – Top 10:
1. Giandomenico Basso Abarth Grande Punto S2000 3hrs 9m 55.4s
2. Bruno Magalhaes Peugeot 207 S2000 +3.5s
3. Alex Camacho Peugeot 207 S2000 +41.7s
4. Nicolas Vouilloz Peugeot 207 S2000 +49.4s
5. Kris Meeke Peugeot 207 S2000 +1m 21.9s
6. Freddy Loix Peugeot 207 S2000 +1m 28.4s
7. Miguel Nunes Peugeot 207 S2000 +4m 57.9s
8. Corrado Fontana Peugeot 207 S2000 +5m 50.6s
9. Michal Solowow Peugeot 207 S2000 +7m 29.9s
10. Guy Wilks Proton Satria Neo S2000 +10m 40.8s

IRC Drivers’ positions (after round 7 of 11)   Top 10:
1. Kris Meeke 34 points
2. Jan Kopecky 29 points
3. Giandomenico Basso 27 points
= Freddy Loix 27 points
5. Nicolas Vouilloz 19 points
6. Juho Hanninen 14 points
7. Sebastien Ogier 10 points
= Carl Tundo 10 points
9. Alistair Cavanagh 8 points
= Bruno Magalhaes 8 points

IRC Manufacturers’ positions (after round 7 of 11):
1. Peugeot 82 points
2. Skoda 43 points
3. Ralliart 41 points
4. Abarth 34 points
5. Proton 5 points
6. Honda 1 point



ワールドラリーカレンダー2020