WRCクロアチア:ラリー1勢「明日はまた違う一日」金曜日コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCクロアチア:ラリー1勢「明日はまた違う一日」金曜日コメント集 

©Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

WRCクロアチアラリー(ターマック)、金曜日終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。インカットでグラベルが掻き出され難しい路面コンディションとなったクロアチア初日のドライターマックでは、トヨタのエルフィン・エバンスとヒョンデのティエリー・ヌービルが同タイムで折り返した。しかし土曜日には雨が予報されており、ほとんどのドライバーが、まったく違う仕切り直しの一日になることを警戒している。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド

■エルフィン・エバンス/総合首位タイ

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「午前は、マシンが通過するたびに特に道がダーティになっていったので、ほかよりも速く走ることができたが、ティエリーほどは速くなかった。最初のステージはかなりスリッパリーだったが、午前を通して走りやすくなり、ペースも上がり始めた。午後、ティエリーがパンクしたことで、いいバトルになってきた。そこからは僅差になり、ステージごとに数秒差を取りあう形になった。マシンは全体的には良く、バランスもまずまずだが、明日は天候がかなり変わるかもしれないので、チャレンジングな日になると予想している」

■セバスチャン・オジエ/総合3番手

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「自分たち的にはいい一日になったので、すごく満足。一日中、かなりハードにプッシュして、自分のドライビングにもマシンにもとても満足している。フィーリングは素晴らしかったし、走るのがすごく楽しかった。自分たちの走行順が不利になることも承知していたし、午前中はそうだった。午後の始まりは、天気の面で運が悪かったが、最後のステージはすごくいいタイムを出せた。これで戦いに戻れたので、とてもポジティブ。天気予報から考えれば明日は、違うラリーが始まるようなものなので、このダーティでスリッパリーなステージに雨が降ると、ものすごくチャレンジングになるだろう」

■勝田貴元/総合6番手

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「このラリーが非常に過酷になることは、分かっていました。特に、クルマが走っていくたびにインカットでグラベルや泥が路面に掻き出され、コンディションはどんどん悪化していきます。それでも、午前中は予想以上に苦戦しました。自信を持って自分が出したいレベルで走ることが簡単にはできませんでした。一日を通して改善を目指し、午後のステージではクルマのセットアップを変更しました。そこからは、一日の終わりにはいいフィーリングが得られるようになり、最後のステージではかなり良くなりました。明日は、まったく違うコンディションになるかもしれないので、また違う一日になりますから、明日もベストを尽くします」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20Nラリー1ハイブリッド

■ティエリー・ヌービル/総合首位タイ

Hyundai Motorsport GmbH

「どのステージでもすべてを尽くして、一日を終えてエルフィンと同タイムだ。午後はパンクで貴重なタイムをロスし、一日を通してマシンバランスと走行順に苦戦した。午後も、自分たちが砂利掃除になるのでトリッキーになることは承知していたので、自分たちにラインはなかった。総合リザルトには満足できるし、明日はアドバンテージを大きくできるよう挑む」

■オィット・タナック/総合4番手

Hyundai Motorsport GmbH

「すごくフラストレーションがたまる場面もあったし、午前の自分たちは本当に下り坂だった。最初のループはかなり苦戦した。いいタイムを出そうとしたがマシンと格闘していたので、危ない場面もあった。午後は少し全体がまとまるようになり、マシンも一貫性が出てきた。攻めるだけの自信がまだ得られていないが、明日もまた違うショーを見せるために戦う」

■アンドレアス・ミケルセン/総合7番手

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

「タフな一日だった。もっと上位で戦いたかったが、まだ自信をつかみ、戦うための速さを出し始めたところ。マシンの中でいろいろなことがあり、理想の形で戦えていない感じがしていたので、分析して睡眠を取り、明日はもっとよくなることを期待している。一番重要なのは、マシンにいいフィーリングを得ること。アルバラリーではそれができていたが、今日は適切なフィーリングが感じられなかった。集中し直して、明日はもっと強くなって走り始めたい」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■アドリアン・フルモー/総合5番手

M-SPORT

「ポジティブな形でステージを終えられて良かった。セットアップを変更したが、それがうまくいったようだ。このように一日を終えられて、本当に良かった。ここまでは、いいラリーになっている」(SS8後)

■グレゴワール・ミュンステール/総合8番手

M-SPORT

「すごく難しいステージだった。大きなカットがたくさんあったり、速度が低すぎるところもあったり、まさにジェットコースターのようだったり。タイヤがもう地面に着いていないよ。初日を走り切れたことが何より」(SS8後)



ラリプラメンバーズ2024募集中!!