WRCジャパン:勝田貴元、ホームイベントで総合5位を獲得 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCジャパン:勝田貴元、ホームイベントで総合5位を獲得

©TOYOTA

11月16日(木)から19日(日)にかけて開催されたWRC最終戦ラリージャパンに参戦した勝田貴元。荒天のなか序盤でアクシデントに見舞われ大きくポジションを落としながらも最後まで諦めずに走り続け、ベストタイムを連発。総合5位まで順位を挽回し、完走を果たした。

(以下、チームリリース)


勝田貴元、ホームイベントを9本のベストタイムで駆け抜け、総合5位を獲得

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、11月16日(木)から19日(日)にかけて愛知県と岐阜県で行われた2023年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦「ラリージャパン」に、コ・ドライバーのアーロン・ジョンストンと共にGR YARIS Rally1 HYBRIDで出場。アクシデントによる序盤の大きな遅れを挽回し、総合5位でフィニッシュ。ドライバー選手権7位で2023年シーズンを締めくくりました。

昨年、ラリージャパンは12年ぶりにWRCのカレンダーに復帰し、新たに愛知県と岐阜県を舞台とするターマック(舗装路)ラリーとして再出発しました。その昨年大会で勝田は、チームメイトの元世界王者セバスチャン・オジエとの戦いを制し、GR YARIS Rally1 HYBRID最上位となる総合3位を獲得。2年目のホームイベントとなる今年は、昨年以上のリザルトが期待されていました。

勝田は、地元開催の大きなプレッシャーをエネルギーに変え、16日(木)の夜に豊田スタジアム内で行なわれたスーパーSSの1本目では、GR YARIS Rally1 HYBRIDトップの5番手タイムを記録。その勢いは、山岳地帯を舞台とするフルデイ初日となった17日(金)でも保たれ、オープニングのSS2では途中まで最速のペースで走行していました。ところが、ステージの中盤で大雨によりできていた水溜まりに足をとられ、クルマを木にヒット。フロントセクションにダメージを負い大幅にタイムを失ってしまいました。その結果、勝田は一時総合31位まで順位を下げましたが、自力でクルマを何とか走れる状態にまで応急処置してサービスパークに帰還。チームはミッドデイサービスでクルマを修理し、勝田を午後のステージへと送り出しました。午後の再走ステージでの勝田は、チームの貢献に報いるべく3ステージ連続でベストタイムを記録。一日の最後のスーパーSSを2番手タイムで走りきった結果、総合9位まで順位を挽回しました。

18日(土)のデイ3でも勝田の勢いは衰えず、オープニングのSS9は途中で赤旗中断により全体ベストとなる救済タイムが与えられ、その後4本のベストタイムを刻み総合6位までポジションアップに成功しました。勝田はさらなる上の順位を目指し、最終日となる19日(日)のデイ4でも攻めの走りを続けました。そして、オープニングの2本のステージで2番手タイムを、3本目のSS19ではベストタイムを記録。オィット・タナック(Mスポーツ・フォード)を抜いて総合5位につけました。その時点で、総合4位のエサペッカ・ラッピ(ヒョンデ)との差は16.2秒。勝田は最後のステージまで全力で攻めきりましたが、差は20秒となり逆転は叶わず、総合5位でラリージャパンを、そして2023年シーズンを締めくくりました。

TOYOTA


勝田貴元
本当に長く感じられる週末で、コンディションも決して簡単ではありませんでした。スピードの面では、ほぼ全てのステージでいいペースを発揮することができたので、この速さと自信を今後に繋げたいと思っています。もちろん、ラリー序盤に起こってしまったことは残念ですが、すぐに立ち直ることができました。ラリーウィークを通してクルマのフィーリングはとても良く、気持ちよく走ることができました。全力でプッシュできたのは、クルマを直してくれたチームのお陰です。最後の最後まで攻め続け、前のクルマに追いつくのは簡単ではなかったですが、最終的には総合5位を獲得することできました。次回こそ、いい結果を出したいと思います。チームの1-2-3フィニッシュはとても嬉しく、チーム全員におめでとうと言いたいです。また、あらゆる場所で応援してくれ、特別なエネルギーを与えてくれたファンの皆さんにも心から感謝しています。

ヤリ-マティ・ラトバラ(TOYOTA GAZOO Racing WRT チーム代表)
金曜日に不運なアクシデントに見舞われた貴元が、総合5位まで挽回したのは素晴らしかったです。彼は決して諦めず、最終日まで戦い続けました。最終的に総合4位には届きませんでしたが、この週末9回もベストタイムを記録したように、すぐに立ち直ってくれたのは良かったです。スピードの面では、これまでで最高のパフォーマンスを発揮したと思いますし、高いポテンシャルを持っていることを改めて証明しました。何度か連続でベストタイムを記録して、コンスタントに速く走れることを示したことは、明るい将来を感じさせるものでした。全体的に、貴元は今年大きなステップアップを果たしたと思います。シーズンの序盤は彼にとって厳しいものでしたが、後半は自信がついてきましたし、それは我々にとっても大きな励みになりました。

ラリージャパンの結果:
1 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) 3h32m08.8s
2 セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m17.7s
3 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m46.5s
4 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +2m50.3s
5 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +3m10.3s

TOYOTA



ラリプラメンバーズ2024募集中!!