トヨタ、2024年WRC開幕戦にGRヤリス・ラリー2を最大5台投入、24年は40〜50台を製作 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、2024年WRC開幕戦にGRヤリス・ラリー2を最大5台投入、24年は40〜50台を製作

©WRC PROMOTER

トヨタのWRCチーム代表、ヤリ‐マティ・ラトバラは、2024年のWRC開幕戦ラリーモンテカルロに、5台のトヨタGRヤリス・ラリー2が参戦する見通しであることを明かした。WRC.comが伝えている。

トヨタ・ガズーレーシングが製作する初のカスタマー向けラリーマシンとなるGRヤリス・ラリー2は現在、FIA公認取得の作業段階に入っている。このマシンは、2022年のフォーラムエイト・ラリージャパンでコンセプト車両が初公開され、デモンストレーション走行を披露。今季は、ヨーロッパでの開発テストに加え、全日本ラリー選手権に勝田範彦のドライブで実戦投入。FIA公認取得に向けて準備を進めてきた。

GRヤリスJP4-ラリー2をドライブし、9月の全日本ラリー選手権ラリー北海道で優勝したラトバラは、1月25日〜28日に開催されるWRCモンテカルロには、最大5台を準備すると明かした。さらに、ユバスキラのチーム拠点で2024年には40〜50台のGRヤリス・ラリー2を製作することを目指すと語っている。

「来年は、できれば40〜50台くらいを製作したいと計画している」とラトバラ。
「我々の目標は、モンテカルロに5台を送り出すこと。その後、月に4台程度を供給することを目指す。マシン購入に興味を示しているカスタマーのリストは長いものになっているが、みなさんの注文を確約することはできない状態。まず、最初の2戦、モンテカルロとスウェーデンが重要になると言わざるを得ない。ここでは、トップレベルのドライバーにマシンを供給できる」

ラトバラによれば、カスタマーがWRC2に参戦することが最優先と説明。その後、ERC、できれば国内選手権など、としている。
「WRCの後のプライオリティは、ERC。選手権でドライブすることを熱望しているドライバーたちを注視している。この選手権でプライベーターに車両を供給する。その後、各国の国内選手権にも広げていきたい」

TGR WRCチャレンジプログラム2期生の小暮ひかると山本雄紀はラリー2マシンにステップアップし、ヨーロッパのイベントに参戦することが発表されているが、2024年はWRC2にワークスチームとしてエントリーする計画はないとしている。

「チャレンジプログラムやカスタマープログラムがあるが、すべてのドライバーはプライベーターとしての参戦となる」とラトバラ。



ラリプラメンバーズ2024募集中!!