WRCスウェーデン:シェイクダウントップはオストベルグ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:シェイクダウントップはオストベルグ

©TOYOTA

2月9日、WRC第2戦スウェーデンのシェイクダウンテストが行われ、Mスポーツのマッズ・オストベルグが4分11秒6でトップタイム。トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラは10番手となった。

シェイクダウンはトルスビー近郊に設けられた7.23kmのステージで実施。今シーズンからシェイクダウンもタイヤの本数制限に含まれるとあって、どのドライバーもアタックは2〜3回にとどめている。

タイムボード上位に名を連ねたのは、今回のラリーが2017年シーズン初参戦となるオストベルグ、シトロエンC3 WRCで初めての実戦となるクレイグ・ブリーン、前戦モンテカルロでアクシデントによりリタイアを喫したヒュンダイのヘイデン・パッドン。以下、シトロエンのクリス・ミーク、ヒュンダイのダニ・ソルド、同じくヒュンダイのティエリー・ヌービルと続いていく。

注目のトヨタ勢はヤリ‐マティ・ラトバラが4分16秒2で10番手、ユホ・ハンニネンはWRカー勢11番手につけている。チャンピオンのセバスチャン・オジエ(Mスポーツ)も同12番手と、あくまでマシンの感触を確かめるにとどめていることが予想される。

WRC2に出場しているTOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの勝田貴元と新井大輝は、新井が4分34秒9でクラス7番手、勝田が4分37秒3でクラス10番手としている。

WRCラリースウェーデン シェイクダウン結果
1. マッズ・オストベルグ フォード・フィエスタWRC ’17 4:11.6
2. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC 4:11.7
3. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC 4:12.1
4. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC 4:12.2
5. ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC 4:14.0
6. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC 4:14.5
7. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC ’17 4:15.1
8. オット・タナク フォード・フィエスタWRC ’17 4:16.1
9. ステファン・ルフェーブル シトロエンDS3 WRC 4:16.1
10. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC 4:16.2



DiRT4
DiRT4