WRCアクロポリス:「ギリシャでがんばったみんなに感謝! 」豊田章男会長コメント全文 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアクロポリス:「ギリシャでがんばったみんなに感謝! 」豊田章男会長コメント全文

©Toyota Gazoo Racing WRT

9月10日(日)にフィニッシュを迎えたWRC第10戦アクロポリス・ラリーギリシャ(グラベル)。何度も首位が入れ替わる大波乱の展開の末、選手権リーダーのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンが今季3勝目をマーク。エルフィン・エバンス/スコット・マーティンとともに1‐2フィニッシュを決めた。勝田貴元/アーロン・ジョンストンは、トラブルを乗り越えて6位、土曜日のデイリタイアから再スタートしたセバスチャン・オジエ/バンサン・ランデは10位でラリーを走り切った。

この結果を受けて、同週末は、ヤリ‐マティ・ラトバラチーム代表がトヨタGRヤリスJP4-ラリー2で優勝を飾った全日本ラリー選手権ラリー北海道に帯同していたトヨタ・ガズーレーシング・ワールドラリーチームの豊田章男会長がコメントを発表した。

(以下チームリリース)


WRC第10戦アクロポリス・ラリーギリシャ
豊田 章男 TGR-WRT会長コメント

先にラリー北海道のことから言わせてください。ヤリ-マティ、ユホ、ラリー北海道優勝おめでとう! デモではないコンペティションの道で世界レベルの走りを見せてくれたこと感謝しています。ヤリ-マティの走りにファンは魅了され、ドライバーたちは奮起していました。日本のラリーが世界に近づく手助けをしてくれたと思います。本当にありがとう。

走っているヤリ-マティはずっと笑顔でした。ただ裏では少し不安げな表情も見せていたと思います。なぜならギリシャで彼のチームが戦っていたからでした。しかし、私は一切そのことを心配していませんでした。TOYOTA GAZOO Racing WRTは“現場を中心としたチーム”だと知っていたからです。先月、フィンランドで代表代行を務めた時、チームメンバーの仕事を間近で見ることができました。なにかあれば、現場に近い人が判断をし、上はそれをサポートする…。TGR-WRTは、そういう仕事のやり方が根付いてるチームです。ヤリ-マティがつくった“そんなチーム”であれば、チーム代表に北海道に来てもらっても大丈夫とわかっていたのです。

チームは思っていたとおりの力を発揮してくれました。カッレ、ヨンネ、フィンランドの悔しさを取り戻す“嬉しい勝利”おめでとう!
そしてエルフィン、スコット、大逆転のワンツーフィニッシュをありがとう! 君たちの活躍が、チーム代表の不安げな表情をきれいに吹き飛ばしてくれました。チーム全員が11月の日本でまた最高の笑顔になれるよう、それぞれの現場で努力を積み重ねていきましょう!

ギリシャでがんばったみんなに感謝!



RALLY CARS