TGR、全日本ラリー選手権で若手育成カテゴリーを新設 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGR、全日本ラリー選手権で若手育成カテゴリーを新設

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは9月8日、2024年の全日本ラリー選手権内のJN-2クラスにサブカテゴリーとして『TOYOTA GAZOO Racing若手育成カテゴリー(仮称)』を新たに設置し、WRCで活躍できる日本人若手ドライバーの発掘・育成を目的として、参加者を募ることを明らかにした。

(以下プレスリリース)


TOYOTA GAZOO Racing、2024年全日本ラリー選手権にて
若手ドライバー育成カテゴリーを新設

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、FIA世界ラリー選手権(WRC)で活躍できる日本人若手ドライバーの発掘・育成を目的に、全日本ラリー選手権内のJN2クラスのサブカテゴリーとして「TOYOTA GAZOO Racing若手育成カテゴリー(仮称)※ 」を新たに設置し、参加エントラントを募集します。

TGRは、モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくりとサステナブルなモータースポーツ業界の実現を目指して活動を続けています。この取り組みの一環として、世界のラリーシーンで活躍できる次世代の日本人ラリードライバーの発掘と育成を目的に、2024年シーズンより当カテゴリーを立ち上げます。

TGRの若手日本人ドライバーとしては、現在WRC参戦中の勝田貴元をはじめ、2022年より大竹直生、小暮ひかる、山本雄紀の3名がWRCチャレンジプログラムに加わり、欧州のラリーに参戦しトレーニングを行っています。このカテゴリーを通して、さらに多くの日本人ドライバーが世界に羽ばたくことを目指すと共に、若手ドライバーが戦い、成長する姿をファンの皆様へ発信していきます。

ドライバーの参加資格は25歳以下とし、GRヤリス(1.6リッターターボエンジン+GR-FOUR搭載車)を用いて競技に参戦いただきます。参戦者には同カテゴリーのシリーズポイントを付与し、各戦の賞典贈呈を実施。年間成績優秀者にはフィンランドでの走行チャンスを付与します。

将来、世界のラリーフィールドでの活躍を夢見る若手ドライバーの皆様の参戦をお待ちしております。
尚、車両規定や競技規則、参戦にかかる費用などの詳細につきましては改めて公表いたします。

※正式呼称は別途発表いたします



ラリプラメンバーズ2024募集中!!