第2世代のシュコダ・ファビアS2000がヨーロッパラウンドから登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

第2世代のシュコダ・ファビアS2000がヨーロッパラウンドから登場

 

シュコダはファビアS2000のフェイスリフトバージョンのイメージを公開した。これはベースとなるファビアRSのニューモデルのリリースに合わせたもので、ジュネーブモーターショー2010で公開されている。

シュコダ・モータースポーツのスポークスマンによれば、従来モデルとの唯一の違いは、全幅の1820mmへの拡大だと言う。そのため、フロントバンパーのデザインに微調整が加えられている。

今季のFIAのS2000のレギュレーションでは、全幅を従来の1800mmから1820mmまで拡大することが許されている。

3月のIRC第2戦クリティバで、シュコダはマニュファクチャラーポイント首位に立っている。ニューファビアS2000は今シーズン中盤のヨーロッパラウンドからデビューする計画となっている。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!