WRCモンテカルロ:WRCマスターズ部門トップフィニッシュのデルクール「今の若手はスゴイね!」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:WRCマスターズ部門トップフィニッシュのデルクール「今の若手はスゴイね!」

©Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

WRC開幕戦ラリーモンテカルロにシュコダ・ファビアRSラリー2で参戦したフランソワ・デルクールは、総合19位、WRC2部門では10位(オリバー・ソルベルグが選手圏外参戦のためクラス11位)となったが、WRCマスターズカップ部門ではトップフィニッシュを飾った。そのデルクールは、イベント後に行われた記者会見に出席し、現在の若手のレベルの高さやラリー2マシンの将来について賞賛している。また今季は、最大で6戦への参戦を視野に入れていることも明かした。

Q:いい週末になったね、フランソワ!
フランソワ・デルクール(FD):トップフィニッシュを飾ったニコライ(グリアジン、記者会見後にタイムペナルティが科され優勝は取り消し)はメチャクチャ速かった。ステージ1本で彼に1秒差だったら、ハッピーだったね。それでも速い方なんだ。自分は60歳だが、まだ成長するために学ばなくてはならなくてはならないし、マシンも改良が必要。WRC2部門に挑戦するのは初めてだし、速さが足りていない。とにかく信じられなかった。まったく予想外だったよ。自分はこのステージを知り尽くしているが、モンテに24回出ている自分よりも速いんだからね。みんな、本当によく学んでいるのだと思う。いいことだよ。今の若手はスゴイね。自分よりも速いドライバーが10人いるんだから。

Q:今回、マシンはどうだったか
FD:マシンは素晴らしかったよ。R5(現ラリー2)規定もシュコダのファクトリーも本当にいい。シャシーがすごくよかった。マシンについては何も言うことはない。いま問題なのは、自分。自分のドライビングスタイルだね。もっとマシンを学ぶために、色々なことを変えなくてはならない。動画もそうだ。ステージを2回しか走れないから、色々な動画を観られることはとても重要。彼らのように全開で走るためには、それが唯一の方法だ。土曜日の夜はひどかった。ラリー1の倍のタイム。自分たちのマシンはいい(ラリー1)マシンより200馬力も少ないからね。でもレベルはすごく高いし、自分の見方としては、これが将来を担うカテゴリー。とても面白いよ。マシンは悪くないと思うが、もっとたくさんのプライベーターがこのようなマシンを持てるようになるといいね。そうなれば、すごく面白い。

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

Q:今季はWRC2にフル参戦するということ?
FD:今年はもっと走るために頑張っているところ。たぶんコルシカ、ポルトガルかな。このマシンでグラベルを走ってみたいから、実現できるといいね。

Q:2戦以上は
FD:もしかしたら、もしかしたらね。5、6戦に出ることを目指している。でも、可能だと思うよ。

Q:今年タイトルは狙っていくのか
FD:いやいや。でも、どんな場合でもハードにプッシュするし、現状はコルシカ、ポルトガル、アクロポリスかなと思っている。もうひとつ、話できることがある。モナコは、汚染物質の排除に力を尽くしている。自分のマシンはハイブリッドではなかったが、自分のスポンサーがForeverkということもあるので、今回、モンテカルロからの排出ガスがゼロだったことも知っておいてほしいね。



ラリーカー・イラストレーションズ stage 03 トヨタ