D-SPORT Racing Team、2023年の体制を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

D-SPORT Racing Team、2023年の体制を発表

©Jun Uruno

1月13日、ダイハツ工業は2023年のモータースポーツ参戦体制を発表した。

D-SPORT Racing Teamは、『モータースポーツを起点としたモノづくり・コトづくり』をテーマに掲げ、WRCラリージャパンでのクラス2連覇に向けて挑戦するほか、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ、全日本ラリー選手権などへの参戦を計画している。また、2023年はD-SPORT & DAIHATSU Challenge Cup等モータースポーツイベントの開催もさらに充実させる予定。過去の挑戦で得た知見を最大限に活用し、ダイハツ車の楽しさ、面白さをエンドユーザー、マーケットへ伝え続けるとしている。

チームは、FIAの安全規定に合わせたダイハツ・コペンGRスポーツで2022年のWRCラリージャパンに参戦。波乱の展開となったラリーを走り切り、相原泰祐/萩野司組がJRCar3クラスで優勝を飾っている。

D-SPORT Racing Teamの参戦体制は以下のとおり。
オーナー/沖 恭一郎(SPK株式会社)
代表/井出 慶太(ダイハツ工業株式会社)
監督/殿村 裕一(ダイハツ工業株式会社)
ゼネラルマネージャー/柴 正雄(SPK株式会社)
ドライバー/相原 泰祐(ダイハツ工業株式会社)
コ・ドライバー/萩野 司(ダイハツ工業株式会社)
マネージャー/檜垣 智也(株式会社神菱)
マネージャー/佐藤 優樹(SPK株式会社)

RALLY PLUS