2023年ラインナップ発表のトヨタ、豊田章男社長「また1年WRCを戦えることが楽しみ」コメント全文 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2023年ラインナップ発表のトヨタ、豊田章男社長「また1年WRCを戦えることが楽しみ」コメント全文

©Jun Uruno

TOYOTA GAZOO Racingは、11月18日、2023年のWRCを戦うドライバーズラインナップを発表。TOYOTA GAZOO Racing WRTは、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンに加えて、セバスチャン・オジエ/バンサン・ランデと勝田貴元/アーロン・ジョンストンが3台目のトヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッドをシェアして参戦する。

この発表に伴い、チームーオーナーであるトヨタ自動車の豊田章男社長がコメントを発表した。

(以下チームリリース)


■WRCチームオーナー/トヨタ自動車 社長 豊田章男

「家族的な雰囲気でプロフェッショナルなチームをつくって欲しい」2年前にヤリ-マティにお願いしたのはこの一言だけでした。

先日、はじめて長い時間をチームと過ごしました。私も含め、本当に家族のような気持ちでいられるチームだと感じました。どんな話で盛り上がっても行き着く話題はクルマの話。他のどこにもいない“世界一クルマが好きな家族”のように思います。

シーズンは終わったばかりですが、このチームと、また1年、WRCを戦っていけること、今から楽しみで仕方ありません。

カッレとヨンネはディフェンディングチャンピオンとして迎えるシーズンです。違ったプレッシャーがあるかもしれません。しかし、6年連続チャンピオンを獲ったチームメイトもいます。まずは2年目…、素晴らしいシーズンになるようサポートしていきます。

エルフィンとスコットには少し苦しい思いをさせた2022年でした。「もっと強い結果が出せる1年」に向けて、強いクルマをつくるサポートを最大限していきます。素晴らしい年にしていきましょう。

スポットの参戦ながらチームに大きく貢献してくれたセブには、2023年も同じ期待をしています。その貢献はポイントだけではありませんでした。若いチームメイトにさまざまなことを与えてくれています。来季は貴元とクルマをシェアすることになりますが、このチームが強くなっていくために、引き続き、力を貸してもらえればと思います。新たに加わったヴァンサンは大きなプレッシャーを感じているかもしれませんが、セブと共にチームに貢献してもらえることを期待しています。

貴元とアーロンには来季からチームチャンピオンに向けた走りをしてもらうことになります。どんなサバイバルなラリーでもゴールまで走ってきてくれるのが二人の走りでした。そんな走りを2023年もお願いします。

GRヤリスは、WRCで勝つためにつくったクルマです。WRC参戦1年目にして、チャンピオンを取ることができました。2023年、GRヤリスは、次のチャレンジをはじめます。それが”ラリー2”です。

“自分達が勝つためのクルマ”ではなく、“お客様が勝つためのクルマ”への挑戦です。その挑戦を、全日本ラリーで、勝田範彦選手にやってもらいます。GRヤリスのラリーカーで全日本ラリーに参戦し始めた昨年のように、最初はトラブルが続くかもしれませんが、クルマを鍛え続けて“勝てるクルマ”に近づけていければと思います。

モリゾウもGRヤリスでラリーチャレンジに参戦しています。時間が許す限り、2023年も参戦させていただければと考えています。ラリーチャレンジにもGRヤリスの参戦が増えてきました。WRCというトップカテゴリーから、草ラリーであるラリーチャレンジまで、速度域は大きく差がありますが、GRヤリスが「どんなドライバーでも安心して走りを楽しめるクルマ」になればと考えています。

そんな“もっといいクルマづくり”に向けて、トヨタは2023年もラリーに参戦させていただきたいと思います。

追伸1

エサペッカとヤンネ、今シーズン一緒に戦ってくれてありがとう。来年は我々のライバルになるかもしれませんが、また表彰式で会えることを楽しみにしています。3回転しないように!

追伸2 ドライバーのヤリ-マティへ

WRCドライバーだったヤリ-マティを相手に僭越とは思いながらも…君は僕のライバルだと思っています。だから、君と走るときは、どうしてもお互いのタイムを意識してしまう。

最初に競ったのは6月の富士24時間。予選は僕の勝ち、決勝は君の勝ち。結果はドローでした。

ラリージャパンの後の休日もみんなとダートコースで過ごしましたね。その時は僕の勝ち。あのコースは、まさに僕がGRヤリスを開発した場所…。開発初期にクルマとモリゾウ自身を育ててくれた“ホーム中のホームコース”です。だから、絶対に、ここでは負ける訳にはいかなかった…。

次はフィンランドで対決しましょう。冬の凍った湖は、スウェーデンで勝った君にとってはホームコースだと思います。

もし、そこでも勝負がつかなければ…、その次は全日本ラリーに出てみませんか? 君はチーム代表だったから、ラリージャパンで走れませんでした。君にも、ぜひ日本の道を走ってみてもらいたいと思います。昔、君が表彰台に乗ったことのある北海道あたりでどうでしょう?

RALLY CARS