アンドレアス・ミケルセン、来季はヒョンデからWRC6戦に参戦意向も決定はまだ不透明か – RALLYPLUS.NET ラリープラス

アンドレアス・ミケルセン、来季はヒョンデからWRC6戦に参戦意向も決定はまだ不透明か

©SKODA

2023年のWRC活動に向けてのドライバーズラインナップについて様々な憶測が流れる中、アンドレアス・ミケルセンがヒョンデからWRC6戦に参戦する決意を固めたものの、突然、ヒョンデと連絡が取れなくなった模様だと伝えている。

ヒョンデは、2023年のWRCドライバーズラインナップについて、「手堅くて経験豊富なラインナップを組みたい」という意向を見せており、オリバー・ソルベルグを放出。しかし、前戦スペインの直後にオィット・タナックが契約を1年残した時点でのチーム離脱を発表しており、プランの再構築を迫られているとみられる。

ミケルセンは今季、シュコダ・モータースポーツの支援を受けるトクスポーツWRTからWRC2に参戦。規定参戦数の7戦を終えた時点で選手権首位に立っており、タイトル連覇の行方は、ラリージャパンの結果待ちという状況となっている。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!