海外からの日本入国ビザ規制緩和がフォーラムエイト・ラリージャパン観戦の後押しに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

海外からの日本入国ビザ規制緩和がフォーラムエイト・ラリージャパン観戦の後押しに

©WRC PROMOTER

2022年WRCは、いよいよ11月10〜13日に日本のラリーファン待望のフォーラムエイト・ラリージャパンで最終戦を迎える。10月11日には、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて行っていた入国制限が緩和され、海外からも格段に来日がしやすくなった。

フォーラムエイト・ラリージャパンは過去2回、新型コロナウイルスの影響で開催を見送っていることから、今回のニュースは主催者にとっても朗報だ。この制限緩和により、ラリーの観戦を希望するファンや取材するメディア関係者は、新型コロナウイルスによる制限中に求められていた日本に入国する際に必要なビザの追加取得が不要になる。

「主催者にとってもファンにとっても、素晴らしいニュースだ」とWRCプロモーターのディレクター、サイモン・ラーキンは語る。
「このイベントの開催実現は予定よりも遅くなったが、常に主催者とともに舞台裏で大変な努力を重ねてきた。日本政府からの今回の発表により、このイベントは海外のファンからの注目がさらに高まると確信している」

今季、トヨタGRヤリス・ラリー1で参戦し、見事な安定感を発揮してポイントを重ねている勝田貴元にとっては、初めて迎える母国でのWRC参戦となり、地元からの盛大な応援も期待されている。

WRC PROMOTER

RALLY CARS