ラリージャパン、シェイクダウンのトップはラトバラ! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリージャパン、シェイクダウンのトップはラトバラ!

 

 2010年WRC第10戦ラリージャパンのシェイクダウンが9月9日、札幌ドームのスーパーSSを使用し行なわれた。ラリージャパンでは、通常のステージと札幌ドームでは路面が異なるため、マシンの最終走行チェックの意味合いが強い。

 各トップドライバーはマシンの感触を確かめるように5〜6回走行。
 途中キミ・ライコネンがサスペンションを傷め、進行がストップするトラブルはあったものの、サービスで修理を行ない無事にスタートできる見込みだ。

 なお、その後の記者会見でラトバラは「マシンの感触は悪くない。ラリーではポディウムをひとつの目標に据えて頑張るよ」とコメント。

シェイクダウンタイムTOP10

順位 ドライバー タイム 出走回数
1 ヤリ‐マティ・ラトバラ 2’33″1 7
2 セバスチャン・ローブ 2’33″5 4
3 ダニ・ソルド 2’33″7 6
4 セバスチャン・オジエ 2’34″0 6
5 マシュー・ウィルソン 2’34″7 6
6 ダニ・ソルド 2’34″8 5
7 ペター・ソルベルグ 2’34″8 5
8 ペター・ソルベルグ 2’34″8 6
9 ミッコ・ヒルボネン 2’35″1 6
10 ヤリ‐マティ・ラトバラ 2’35″1 8
RALLY PLUS