ラリージャパン:デイ1は微熱に負けずソルベルグが制す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリージャパン:デイ1は微熱に負けずソルベルグが制す

 

 WRC世界ラリー選手権第10戦ラリージャパンは10日、SS3・Iwanke Long 1からSS10・SAPPORO 4までのデイ1が行われ、ペター・ソルベルグ(シトロエンC4WRC)が初日を制した。

 2年ぶりの開催となったラリージャパンは、前回に続き北海道最大の都市札幌が舞台。木曜日に札幌ドームで行なわれたスーパーSSに続き、金曜日から本格的なラリーがスタートした。この日は苫小牧周辺の林道ステージを午前と午後でループし、最後に再びスーパーSSを2回走るスケジュール。

 この日のオープニングとなったSS3を制したのは、シェイクダウン時から体調不良を訴えるペター・ソルベルグ(シトロエンC4WRC)だった。「発熱もしているし、すぐにベッドに戻りたいくらいだ」と厳しい表情を見せるが、前日首位のセバスチャン・オジエ(シトロエンC4WRC)に3.2秒差をつけた。ソルベルグは続くSS4でも連続ベストを叩き出し、遂に首位に躍り出る。

 午後のセクションでは、サービスでセッティングを変更し、2度のベストを刻んだミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)が追い上げを見せるが、ソルベルグは最終のスーパーSSをベストで締めくくり、2位ヒルボネンとの差を9.4秒として初日を終えた。

 先頭スタートのセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)は「まったくリズムがつかめなかった」と首をひねり、首位のソルベルグから54.5秒差の6位。ラリージャパン初登場のキミ・ライコネン(シトロエンC4WRC)は、日本の路面に苦しみながらも10位につけている。

Rally Japan: Overall standings after Stage 8 (Top 10):
1 P.ソルベルグ   PSWRT Citroen C4 WRC 1hour 10mins 42.4secs A8
2. M.ヒルボネン   BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 08.5secs M
3. S.オジエ     Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 20.7secs M
4. J-M.ラトバラ   BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 22.0secs M
5. D.ソルド     Citroen Junior Team C4 WRC +00mins 33.7secs M
6. S.ローブ     Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 54.7secs M
7. H.ソルベルグ   Stobart M-Sport Ford Focus WRC +01mins 19.5secs M
8. M.ウイルソン   Stobart M-Sport Ford Focus WRC +03mins 15.6secs M
9. F.ビラグラ    Munchi’s Ford Focus WRC +03mins 43.4secs M
10. K.ライコネン   Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 02.3secs M

SWRC Standings after Stage 8 (Top 3):
1. J.ケトマー    Ford Fiesta S2000 1hour 16mins 35.8secs S
2. M.プロコップ   Ford Fiesta S2000 00mins 57.2secs S
3. B.スーザ     Ford Fiesta S2000 02mins 32.1secs S

PWRC Standings after Stage 8 (Top 3):
1. P.フローディン  Subaru Impreza STi 1hour 18mins 47.4secs P
2. H.パドン     Mitsubishi Lancer Evo IX +01mins 59.3secs P
3. P.ノーブル    Mitsubishi Lancer Evo X +05mins 54.7secs P

Notable retirements:
SS3. K.アル-カシミ  BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Rolled M
SS4. 新井敏弘    Subaru Impreza WRC STi Accident P



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS