WRCラリーニュージーランドのエリートパートナーにトヨタ・ガズーレーシングNZが追加 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーニュージーランドのエリートパートナーにトヨタ・ガズーレーシングNZが追加

©RALLY NZ

今季のWRC第11戦として9月29日〜10月2日の開催を予定しているラリーニュージーランド(グラベル)は、トヨタ・ガズーレーシング・ニュージーランドがイベントのエリートスポンサーに加わったことを発表した。

「10年ぶりにニュージーランドがWRCに復帰する2022年、ラリーニュージーランドのスポンサーを務めることになり、非常に盛り上がっている」とトヨタ・ガズーレーシング・ニュージーランドのジェネラルマネージャー、アンドリュー・デイビスはコメント。
「トヨタ・ガズーレーシングというブランドは、パフォーマンス、情熱、革新性をテーマにしており、このことをラリーの世界にも展開できることにワクワクしている」

TGR NZは、現在ニュージーランドラリー選手権にトヨタGRヤリスで参戦中でWRCニュージーランドにも参戦を予定しているジャック・ホークスウッドをサポートしており、ラリーニュージーランドへの支援もこれに続くもの。

ラリーニュージーランドのCEO、マイケル・ゴールドステインは、TGRからの支援を受けることに感激していると語る。
「トヨタは世界に知られるグローバルブランドであり、何十年にもわたってモータースポーツを支援してきた。TGR NZのビジョンのひとつが国内の新しい才能を育てることであり、我々のイベントと多くの面で共鳴する。彼らはラリーというスポーツの一部であり、ニュージーランドのモータースポーツだけでなく、ニュージーランドの人々の日常生活にも欠かせない存在だ」

またラリーニュージーランドは、ラリーステージ専用に作られたジャックス・リッジをパワーステージとして設定することも発表した。オークランド郊外のウィットフォードにあるジャックス・リッジはラリーニュージーランドの最終日の舞台となり、6.5kmのステージに生まれ変わり、WRCの最終日にはパワーステージを含む複数ステージとして使用されるという。

RALLY NZ / Geoff Ridder

「このコースはラリー用に作られたもので、世界に誇るラリーニュージーランドの代名詞とも言えるステージとなるだろう」とゴールドステイン。
「これ以上のパワーステージはない。ジャックス・リッジは、オークランドの市街地からわずか30分ほどという好立地で、1万2000人のファンに世界クラスのステージを楽しんでいただくために作られたもの。豪快なジャンプスポットやテクニカルコーナーが多数設置され、様々な観戦エリアが用意される。ニュージーランドのラリー界にとって象徴的なステージを作り上げるために尽力したホークスウッド一家に、心から感謝する」



RALLY CARS