TGRラリーチームが中学校で特別授業&車両展示 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGRラリーチームが中学校で特別授業&車両展示

©RALLY PLUS

ラリー丹後のスタート前日の5月20日(金)、京丹後市立峰山中学校でTGRラリーチームとGRガレージ京都伏見による特別授業が行われた。ラリーの面白さや、トヨタ自動車についての講義が行われ、校庭にはラリーカーが展示された。

この特別授業は、京都トヨタで働くOBからの働きかけで、地元のラリー開催を盛り上げようと初めて実施されたもの。講師を務めたのはTGRラリーチームの豊岡悟志監督と、GRガレージ京都伏見の長島英紀氏。授業は1年生3クラスの約90人を前に、授業の5〜6時間目を使って行われた。

RALLY PLUS

豊岡監督と長島氏は、トヨタのラリーへの取り組みや“常に挑戦し続ける姿勢”について、生徒に質問を投げかけながら授業を進行。途中にはモリゾウ(豊田章男社長)から峰山中学校へのスペシャルコメントも届き、生徒たちは“チャレンジすることの大切さ”について聞き入っていた。ラリーの映像などを交えながら進行した授業は時間ギリギリまで行われ、地元でラリーが行われることに生徒たちも興味を持った様子だった。

その後、校庭にて実際のラリーカーの展示と記念撮影が行われた。展示された車両は、ヤリスWRCのほか、ラリー仕様のGRヤリスと市販車のGRヤリス、今回のラリー丹後でスイーパーを担当するランドクルーザーGR SPORTの4台。ヤリスWRCはエンジン始動パフォーマンスを行う予定だったが、残念ながら問題が発生しうまくかからず……。それでも、一瞬だけ響いた爆音に生徒は大興奮だった。



ヘルメットのペイントはじめました!