WRCクロアチア:エルフィン・エバンス「インカットで泥だらけになるのはどうしようもない」デイ1コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCクロアチア:エルフィン・エバンス「インカットで泥だらけになるのはどうしようもない」デイ1コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

WRCクロアチアラリー、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。選手権13番手でクロアチアを迎えたトヨタのエルフィン・エバンスは、ウエットコンディションで走行順が遅く厳しい状況の初日を総合6番手で走り終え、自分を諭すように語った。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■カッレ・ロバンペラ/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRT

「本当にいい1日だった。このコンディションなら自分たちの走行順は有利になると分かっていたので、午前はそれを思い切り活用することに努めた。午後は予想どおりかなりダーティになった。インカットで道が泥だらけになったので、走行順が一番手でも大きな差にはならなかったと思う。濃い霧や雨になったステージもあったが、それでもかなりいい感じにプッシュできてタイムもよかった。リードできているのはいいことだが、明日は1日が長いし、何が起きても不思議ではない。集中を維持してトラブルを避けながら、ペースを上げ続けなくてはならない。コンディションがもっとドライになって、楽しめるようになってくれるといいね」

■エルフィン・エバンス/総合6位
「今日はかなり難しかった。このコンディションで後方スタートはチャレンジングになるだろうと思っていたし、午前は2回もタイヤがリムから外れたので、まったく理想的ではなかった。マシンが走れば走るほどインカットで路面は泥だらけになるのは、どうしようもない。思い切り速度を落とすか、カットするしかない。一方で、SS3はインカットが少なく道がキレイだったので、先行車のかき出した泥の影響はあまりなかった。午後はかなり慎重になっていたので、あまりタイムにはつながらなかった。今日はずっと雨だったので明日も完全にはドライにはならないと思うが、仕切り直して頑張りたい」

■エサペッカ・ラッピ/SS1でデイリタイア

Toyota Gazoo Racing WRT

「最初のステージは、滑り出しはよかった。左と右の複合コーナーがあり、左のところに大きくインカットされたところがあって泥がたくさん出ていた。それで、右コーナーではタイヤは泥だらけになっているだろうと思ったので、少し早めに曲がり始めたら道の脇にあった大きな石に接触してサスペンションを破損してしまった。本当にくだらないし、いいリザルトを出すチャンスをこんなに早い段階で失ってしまったのはすごく悔しい。でも、チームのおかげで、明日はマシンを修復してスタートできる。昨日のシェイクダウンではものすごくフィーリングがよかったので、もっと走れることを楽しみにしている」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■ティエリー・ヌービル/総合2位

Hyundai Motorsport GmbH

「チャレンジングな1日だった。午前のループ最後のステージの後、ロードセクションでテクニカルなトラブルを抱えた。自分でマシンを直したが、サービスパークの近くでまた止まってしまった。800mは自分たちでマシンを押したよ。すごく大変だったが、いつも言っているように絶対に諦めることはしない。今日は大きなリスクを負わないとロバンペラの速さには追いつけなかったと思うし、それは自分の目指すところではなかったので2番手でハッピー。常にチームのため、そして自分たちにとってのベストを尽くしたいので、戦いを続けてポイントを獲得することが重要だ」

■オィット・タナック/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH

「今日は視界が悪く予想以上に道にダートが出ていたので、とても厳しい1日だった。もっとターマックラリーらしいコンディションを期待していたが、すごくマディだった。すべてのことに対応してこの状況の中で最大限のことができたので、満足していいと思う。今日はみんな、生き残ることに必死だったと思うので、明日コンディションがよくなったら、もっとコンペティティブに戦えるようになる。特に、スリックタイヤで走れるようになればね。いま、自分たちが専念しているのは選手権争いではなく、このラリーで自分やチームのためにベストを尽くすことだ」

■オリバー・ソルベルグ/総合5位

Hyundai Motorsport GmbH

「午前のループは道がすごくスリッパリーで、新しいペースノートで速さを出すのは難しく、かなり興味深かった。午後のループにはとても満足している。速さもよかったし、トップ3、4のタイムをマークした。この道の経験を積めたことも役に立つので、すべてポジティブ。明日はまた違う道なので自分の期待値には現実的にならなくてはいけないが、午前のループで自分の位置を確認して1日を通して速さを高めていきたい。全体として、安定感とペースはいいので、今の状態を続けて結果を見たい」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■クレイグ・ブリーン/総合4位

M-SPORT

「正直、今までで一番ひどい。信じられないほどトリッキーなSSだ。1日を走り切ったし、ポディウム圏内にも近い位置につけているので、満足していいと思う」(SS8終了時点)

■ガス・グリーンスミス/総合27位
「左フロントをパンクしたし、左のリヤも空気が抜けている。ドライブシャフトも問題を抱えていると思う」(SS8終了時点)

■アドリアン・フルモー/SS3でラリーリタイア
「すごくトリッキーなので、インカットと霧にはすごく気をつけている。コーナーもブレーキングポイントもよく見えないからね。昨年のステージの知識が完全に変わった。このステージのことが分からない。だから、すごくトリッキー」(SS2終了時点)。

■ピエール・ルイ・ルーベ/SS2でデイリタイア
コメントなし



ラリプラメンバーズ2022募集中!!