GTオープン最終戦に出場、ローブとソルドが17台のごぼうヌキ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

GTオープン最終戦に出場、ローブとソルドが17台のごぼうヌキ

 

 シトロエン・トタル・ワールドラリーチームのセバスチャン・ローブとダニ・ソルドのコンビがカタルーニャサーキットで行なわれた国際GTオープンシリーズの最終戦に出場した。

 アルメラスがプリペアするポルシェ911をふたりはドライブ、第1レースの予選はソルドのアタックでクラス5番手、総合21番手となった。ウエットとなったレースでローブは2周目にコースアウト、大きく順位を落としたが、その後、20周で15台をパスして7番手でソルドにバトンタッチ。ソルドはポジションをふたつ上げ5位で第1レースをフィニッシュした。
 第2レースの予選はローブのアタックで6番手、総合17番手。しかし、決勝でローブのドライブ中に他車との接触が発生し、ローブ/ソルド組はレースから除外となった。

「ダニと僕はまったく同じラップタイムを刻んでいたので、僕らにとって非常によいことだった。週末を通しての物事の進みに満足していたが(第2)レースについては残念だけど、ホイールにダメージを負って、どの道、続けることはできなかった」とローブ。
 また、ソルドも「同じコースを走る続けることに慣れるまでしばらくかかったよ! クルマのブレーキングは圧倒的でラリーとは大きく違うけど、とても楽しかったよ」と喜んでいた。



RALLY CARS