WRCスウェーデン:WRC2は激戦を制してアンドレアス・ミケルセンが優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:WRC2は激戦を制してアンドレアス・ミケルセンが優勝

©SKODA AUTO

WRCラリースウェーデン、WRC2はオーレ・クリスチャン・ベイビーとのノルウェー人対決を制したアンドレアス・ミケルセンが勝利を飾った。

プライベートでも親交のあるミケルセンとベイビーは、終始、爽快な首位争いを展開。序盤ペースをつかんだのはベイビーで、金曜日はわずかにリードしたが、SS7でストールを喫して20秒近くをロス。これで首位をミケルセンに譲り渡した。

WRC PROMOTER

するとミケルセンは土曜日にリードを広げ、10.9秒のギャップを築いて最終日を迎える。しかし、ベイビーも逆転を目指して最終日最初の2本をベストタイムで揃え、その差を縮めてきた。しかし、続くVindeln 2でスピンを喫して万事休す。このステージ、ベイビーがミケルセンのベストタイムから17.3秒落ちのタイムに終わったことで最終パワーステージに向けて余裕ができたミケルセンは、最終的にベイビーに23.2秒差で開幕戦モンテカルロに続いての開幕2連勝を飾った。

SKODA AUTO

「自分のキャリアの中でもベストの戦いだった」とミケルセン。
「オーレ・クリスチャンは、素晴らしいラリーをしていた。ここ12カ月、彼がものすごく必死に取り組んできたことを自分は知っているので、彼がWRCに戻ってきてこのような見事なリザルトを収めたことがとてもうれしい」

ベイビーも親友との戦いに称賛を送り「アンドレアスとの戦いは最高にクールだった。ここ何年もずっとラリーを教えてきてくれた師匠。彼のおかげで、今の自分がいる」と語った。

WRC PROMOTER

3位争いは波乱が起き、ニコライ・グリアジンがSS18でクラッシュ。これでMスポーツ・フォードのヤリ・フッツネンがポディウムに上がった。イーゴン・カールが4位で続いた

エストニア期待の若手、ゲオルグ・リンナマエは日曜日午前にスピンを喫して30秒近くをロスしたが、その後挽回してトップ5に復帰。WRC2ジュニア部門ではトップフィニッシュを飾った。

WRC PROMOTER

WRCスウェーデン WRC2最終結果
1 A.ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2 EVO) 2:17:56.0
2 O-C.ベイビー(フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5) +23.2
3 J.フッツネン(フォード・フィエスタ・ラリー2 MkII) +1:03.1
4 E.カール(フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5) +1:13.7
5 G.リンナマエ(フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5) +1:24.9
6 E.ピエタリネン(フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5) +1:42.7
7 J.ヨナッソン(シュコダ・ファビア・ラリー2 EVO) +6:03.7
8 M.スロウロウ(フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5) +7:28.3



RALLY PLUS