AQTEC INTERNATIONAL、2022年の活動計画を発表。横嶋良がルノー・クリオラリー4で全日本復帰 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

AQTEC INTERNATIONAL、2022年の活動計画を発表。横嶋良がルノー・クリオラリー4で全日本復帰

©RALLYPLUS

AQTEC INTERNATIONALは、2022年モータースポーツ活動計画を発表した。

2022年は、全日本ラリー選手権初の実業団チームとして新体制でスタートするMATEX-AQTEC RALLY TEAMと、クラブチームとして各カテゴリーに参戦するZEUS AUTOMOTIVE CLUB SPORTSの2本立てでモータースポーツに取り組んでいく。

MATEX-AQTEC RALLY TEAMは昨年に引き続き渡部哲成とJN6クラスチャンピオンを獲得した吉原將太がトヨタ・ヤリス・スポーツCVTで全日本ラリーJN5クラスに参戦。コ・ドライバーは橋本美咲、佐野元秀、佐々木裕一がラウンドごとに務める。2017年から継続している若手育成プログラムは引き続きTGRラリーチャレンジに関東工業自動車大学校モータースポーツ部の1・2年生を参戦させる予定となっている。

ZEUS AUTOMOTIVE CLUB SPORTSは、TRD RALLY CUPに橋本美咲がドライバー、渡部哲成がコ・ドライバーとして参戦。中部・近畿地区ラリー選手権には山口航平/谷美希がヤリスで参戦、中四国ラリー選手権は辻井利宏がドライバー、新井敏弘・奴田原文雄らがコ・ドライバーとして参戦する。また横嶋良がルノー・クリオラリー4で全日本ラリー選手権とラリージャパンに参戦する。

以下チームリリース


MATEX-AQTEC RALLY TEAM
日本初の実業団チームとして再スタートします。『レーシングドライバー』と言う職業は認知されていて、小さな子供達がレーシングドライバーと言う職業に就くことを目標にカート等で日々走って、それを親御さん達が応援している姿は良く見かける光景です。ところが『ラリードライバー』と言う職業は認知度も低く実際にプロと呼ばれるラリードライバーはそう多くの人数はいません。そもそも興行として成り立っていない日本のラリーではプロ化と言うのは難しいと考えました。そこでマラソンや野球等でも存在している実業団チームをラリー界でもスタートさせラリードライバーも職業として認知してもらえるようなチームを目指します。企業側も成功報酬に振った新たな給与体系で車好きな社員を確保し、やる気のある社員を増やすことも可能です。2022年のチーム選手はまだ社員ドライバーではありませんが、実業団チームスタートにふさわしい若手中心のメンバーで下記の様な活動をしていきます。

【TGRラリーチャレンジ】
2017年より実施していた、若手育成プログラムは引き続きTGRラリーチャレンジに関東工業自動車大学校モータースポーツ部の1・2年生を中心にドライバー、コ・ドライバーを経験しながら年間5戦の参戦を予定しています。

【全日本ラリー選手権】
全日本ラリー選手権ですが、新城ラリー以降の参戦を予定しています。 まずは、昨年全日本ラリー選手権初優勝を飾り、終盤に速さを身に付けてきた渡部哲成と渡部選手初優勝の立役者のコ・ドライバー橋本美咲がコンビを組んでJN5クラスに参戦し、シリーズチャンピオンを狙います。 また昨年、全日本ラリー選手権JN6シリーズチャンピオンを獲得した吉原將太、佐野元秀選手組は昨年より開始したレンタカーYarisでJN5クラスに挑戦します。

参戦クラス:JN5
車両;Yaris スポーツ CVT
ドライバー;渡部哲成(非社員)
コ・ドライバー:橋本美咲(非社員)
ドライバー:吉原將大(非社員)
コ・ドライバー:佐野元秀(非社員)
コ・ドライバー:佐々木裕一(非社員)

ZEUS AUTOMOTIVE CLUB SPORTS
2021年からスタートしたZEUS AUTOMOTIVE CLUB SPORTSはクラブメンバーを中心にクラブチームとして下記の様な活動を開始します。

【TRD RALLY CUP】
TRD RALLY CUPには、2021年からチームに加わり、コ・ドライバーとして渡部選手と組んでモントレーで優勝し、中部近畿地区選手権で山本選手と組んで3位に入った橋本美咲選手がドライバーとして参戦します。

参戦クラス:CUP1
車両;131Vitz
ドライバー:橋本美咲
コ・ドライバー:渡部哲成

【中部・近畿地区ラリー選手権】
2021年山本雄紀選手が舗装タイヤの習熟を目的に中部・近畿地区ラリー選手権に参戦し予想以上のスキルアップが出来ました。以前より舗装タイヤOKでラリーを開催してきた中部・近畿地区のラリーは選手層も厚く、ハイグリップラリー専用舗装タイヤの使い方を学習するという意味ではぴったりの選手権です。2022年は昨年の中部・近畿地区戦最終戦で並みいる強豪を抑え優勝した大阪府立大学学生の山口航平、谷美希選手を抜擢し参戦します。
参戦クラス:DE-5
車両:Yaris
ドライバー:山口航平
コ・ドライバー:谷美希

【中四国ラリー選手権】
2021年に話題を呼んだ全日本ラリー選手権JN1クラスの中で上位5名の中で最も遅かったドライバーの罰ゲームとしてスタートしましたが 2022年も辻井利宏をドライバーに中四国ラリー選手権に参戦します。
参戦クラス:FG-3
車両:Vitz or Yaris
ドライバー:辻井利宏
コ・ドライバー:新井敏弘、新井大輝、奴田原文雄、鎌田卓麻、勝田範彦のいずれか

【全日本ラリー選手権及び世界ラリー選手権 RALLY JAPAN】
全日本ラリー選手権には 2016年、2020年に MATEX-AQTEC RALLY TEAMでスポット参戦した横嶋良選手をドライバーに抜擢し、昨年からチームに加わった小藤桂一選手と組んでJN2クラス及びRALLY4クラスに参戦します。
参戦クラス 全日本:JN2  WRC:RALLY4
車輛:ルノー・クリオRALLY4
ドライバー:横嶋良
コ・ドライバー;小藤桂一

以上の様に 2022年は新しい目標に向かいチーム一丸となって邁進する覚悟でございます。
皆様の応援よろしくお願い申しあげます。



RALLY PLUS