Mスポーツ、パワーアップ改正のラリー3マシンに期待 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ、パワーアップ改正のラリー3マシンに期待

©M-SPORT

12月15日に行われたFIAのワールドモータースポーツカウンシル会合でラリー3のパワーアップが合意されたことで2022年、Mスポーツのフォード・フィエスタ・ラリー3はさらに速くなりそうだ。

手ごろな価格の4WDマシンとして設定されたラリー3規定は現状、Mスポーツが製作するフィエスタが唯一、市場に出ているマシンであり、カテゴリーとしてはまだ関心が高まっていない。

しかし、リストリクター径が30mmから31mmに変更になることで、Mスポーツは20馬力のパワーアップを見込んでいることから、カスタマーからの関心につながることを期待している。
「このマシンは、ラリー2とラリー4の間でなかなか出る幕がなかった」とクラクフにあるMスポーツ・ポーランドを率いるマチェク・ボダは語った。

「このバランスを取るために、FIAとともに懸命に取り組んできた。まったく新しいカテゴリーであるラリー3は、パフォーマンスのベースとなるカテゴリーがないので、我々が学んできたことを踏まえてこうしたステップを踏むことは自然の流れ。ラリー3が想定されるユーザーにとって適切な存在にするために、FIAが心底努力していることの表れだ」

2022年のジュニアWRCでは、これまでのフィエスタ・ラリー4に代わりフィエスタ・ラリー3がワンメイクシリーズのベースモデルとなる。
(Graham Lister)



ヘルメットのペイントはじめました!