プロドライブ・ハンターT1+がサステナブル燃料での参戦を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

プロドライブ・ハンターT1+がサステナブル燃料での参戦を発表

©PRODRIVE

2022年のダカールにプロドライブ・ハンターT1+での参戦を表明しているバーレーン・レイド・エクストリーム(BRX)は、今年のFIAワールドカップ for クロスカントリーラリーのアブダビ・デザートチャレンジに、サステナブル燃料で参戦することを発表した。その後、ハイルラリー、2022年ダカールにもこの燃料で参戦する。主要モータースポーツチームが、サステナブル燃料で実戦に参戦するのは初めて。

英国を拠点とするプロドライブは、同じく英国のコリトン・アドバンスド・フューエルと共同で、8カ月に渡って新しいサステナブル燃料を開発。「プロドライブ・エコパワー(Prodrive ECOpower)」と呼ばれるこの燃料は最新のFIAレギュレーションに適合し、最新のサステナブル燃料技術による環境面でのメリットを実証するために特別に開発された。主な構成要素は、農業廃棄物から製造される第2世代のバイオ燃料と、炭素回収から作られるe燃料。これにより、同等のガソリンに比べて温室効果ガスの排出量を80%削減することができるという。

PRODRIVE

この燃料の開発は、ハンターに搭載される3.5リットルV6ターボエンジンを英国のプロドライブ本社にある最新ダイノに乗せて行ったといい、新型プロドライブ・ハンターT1+は、この新型燃料を使用しての広範囲にわたるテストプログラムをすでに開始している。

BRXのチームディレクター、デイビッド・リチャーズは「気候変動対策に役立つ新技術の開発、実証、普及をモータースポーツが率先して行うことを強く推奨する」とコメント。
「ダカールと、FIAワールドカップ for クロスカントリーラリーは、次世代のサステナブル燃料がもたらすメリットや、量産車にも化石燃料の使用を削減しながら同じ性能と航続距離を維持したまま使用できることを示すための環境として完璧だ」

プロドライブ・エコパワーはモータースポーツ競技での使用のために開発されたものだが、このようなサステナブル燃料は無鉛ガソリンの直接の代替品として使用することが可能で、プロドライブはこの技術をさらに実証するために、ほぼ同じ燃料を多数の公道車両で走らせることも計画しているという。

コリトンのCEO、アンドリュー・ウィルソンは「コリトンは、モータースポーツ業界向けの特注燃料の配合に関して長い歴史を持っており、進化していく顧客のニーズをさらに支援するために、新しいサステナブル燃料、サステインを発売したばかりだ」とコメント。
「プロドライブとのパートナーシップは、世界で最もチャレンジングなレース環境の中で、業界で最も優れたエンジニアリングの専門知識を駆使しながら我々の能力を試すための、理想的な方法であると確信していた」

新規定T1+に合わせて設計された新型プロドライブ・ハンターT1+を最初にドライブするのは、ナニ・ロマ。このマシンはより大径のタイヤを装着し、サスペンショントラベルが延長されたほか、トラックも広くなっている。タイヤサイズは、現在の32インチタイヤ×16インチリムから、37インチタイヤ×17インチリムとなり、サスペンショントラベルも280mmから350mmに、車幅は2mから2.3mとサイズアップされた。これらの変更によりマシンの設計を根本的に見直さなくてはならなかったが、プロドライブはこの機会を活用して、視認性の向上などさらなる改善を行ったという。

ドライバーを務めるロマは「マシンはT1に比べて、ワイドに、より重くなったが、フィーリングはとにかく機敏」とコメント。
「新しいサスペンションとタイヤは、よりラフなコンディションで効果を発揮し、フロントガラスが大きくなったことで視界も格段に向上した。このフィーリングにはとても満足しているし、中東でこのマシンをもっとドライブできる時間を楽しみにしている」

BRXチームは英国での初期テストを完了しており、今後は中東に出向いて、ダカールで直面するコンディションと同じような環境の中でさらに耐久性の作業を行っていく。チームはその後、アブダビ・デザートチャレンジ、ハイルラリーに参戦した後、2022年ダカールに臨む。



ヘルメットのペイントはじめました!