クビカ、今季参戦は絶望的。手術の結果は数日後に判明 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

クビカ、今季参戦は絶望的。手術の結果は数日後に判明

 

 ロバート・クビカは、ラリーでクラッシュしてけがを負った影響で、2011年F1への参戦がほぼ絶望的となった。

 日曜、ロンド・ディ・アンドラ・ラリーのオープニングステージでクラッシュしたクビカは、サンタ・コロナ病院で7時間にわたる手術を受けた。
 クビカはラリーをスタートして数キロを走ったところでクラッシュ、右の腕、足、手におよぶ多発性骨折を負った。
 特に心配されるのは右手の状態で、切断の可能性も懸念されたが、機能回復のために大手術が行われた。

 手の手術のスペシャリストであるイゴール・ロセッロ医師は、日曜夜、メディアに対し、手術が成功したかどうかを判断するには数日かかる見込みであり、回復には1年を要することになりそうだと語った。

「手が危機を切り抜けたかどうか確認できるまでに少なくとも1週間は待つ必要がある」とロセッロ医師がイタリアのメディアに語ったと報じられている。
「機能回復に関して最も大きな問題は神経病変だ」
「比較的長いリハビリが必要になる。おそらく1年かかるだろう。彼はここに運ばれたきた際に多発外傷の状態だった。手に関してはさらなる手術を行う必要は必ずしもないだろうが、必要であれば行わなければならない」

 ロセッロ医師は、クビカがF1に復帰するまでに少なくとも1年はかかる見込みだが、レーシングドライバーは予想よりずっと早く回復する場合がしばしばあるとも認めた。
 復帰までにかかる時間はと聞かれたロセッロ医師は、「最善の準備を行うには1年間だ」と答えた。
「今の時点では非常に難しい。だが予想はつかない。ドライバーというものは非常に特殊な患者だ。バイクの選手を大勢担当したが、彼らは普通の患者よりもずっと早く回復する」



RALLY PLUS
RALLY CARS